こんにちは、最近の住宅の構造体は ほぼプレカット(機械加工)が主流ですが、
今回の現場は昔ながらの大工による手刻み(てきざみ)による加工を行います。
その準備として松の丸太の製材に行ってきました。

長年 自然乾燥させていたので見た目は汚れたように見えますが
製材所で 帯鋸(おびのこ)と言うのこぎりで製材すると

松の美しい木目が、木の香りとともに姿を現しました。
これから、この丸太を大工の技術で力強い梁に加工していきます。

工務課 吉岡