スタッフブログ

あい (あお)

木について

 

 

写真は、地松の梁丸太に出た、あい (あお又は 「ブルーステイン」と呼ばれる、辺材(木材の樹皮に近い部材。白太(しらた)とも言う)の一部が青黒く変色したものです。

辺材変色菌のうち、青色変色菌が木材の中で生産される、メラニン系色素により変色したものです。

この現象は、伐採後、間もない原木や製材の保管乾燥中に、菌が侵入し変色をもたらします。

が、カビ菌や木材腐朽菌と異なり、木材の強度低下を引き起こすことはありませんので、材木屋では通常の木材と同じように扱われています。

変色自体も、木材の乾燥と共に進行は防げますが、変色した部分は、漂白剤とかでも取れにくい為、見た目の価値は下げてしまいます。

材料を拾い出す(選ぶ)身にとっては、頭の痛い部分です。

資材課   三宅