スタッフブログ

天窓 (トップライト)

家づくり

設計を進めていくうちに、
どうしても思う大きさ等の窓が取れなくて、
暗いお部屋が出来てしまう場合があります。

より快適な空間確保の為の、
最大限の努力はするのですが、
それでも駄目な時、天窓の設置をお勧めしています。

天窓からの光の量は、窓からの場合と比較すると
数倍の量と言われており、
お客様の想像以上の明るい部屋になり、
大変喜んでいただけるケースが多いです。

旧来は、雨漏りの対策に苦慮していましたが、
ガラス瓦を採用する事により、問題も解決できます。

ただし、設置位置を注意しないと、
直射日光が入る事になり、
冬は暖かくていいのですが、夏は大変な事に・・・・。

以下、事例をご紹介します。

1)再生工事により、高い天井と明るく開放的なLDKに。 


















2)北側になったキッチンに、照明BOX兼用の天窓を。  


































































3)畳コーナーが、延長のリビングより暗いので。  



    













4)中廊下になると、どうしても暗いので。   


















































     










5)屋根裏空間に設置して、明るい収納部屋に

 





































 営業部 藤井