スタッフブログ

各種・各所の収納

家づくり

必要と感じるところに、必要な量の収納が有ると便利ですよね。







かといって、収納いっぱいも、色々な都合にて取れない事も多いのが現実です。
また、収納場所を取りすぎるのも考えものです。

たしか、あったはずなんだが・・・。と、
見つからないで、新たに購入後に、見つかったとの経験を持っているのは、
私だけではないと思います。


そういう失敗をしない為に、収納の内部が全て見渡せる工夫をした収納をお勧めします。
計画にあたっては、その奥行が非常に大切になります。

極力、奥と手前とに重ねて置かないように出来たらベストではないかと思いますが、
なかなかそうはいきませんね。

計画の早い段階から、収納物の寸法確認と、収納場所をご検討される事をお勧めします。




お布団専用のオープン収納。カーテンでのカバーをお勧めしています。






勝手口にパントリー替わりの大型オープン棚。
かなり好評です。
特に、棚の奥行は十分なご検討をお願いします。




勝手口にキッチン家具と一体化した、オープン下足収納。
勝手口からの出入りの多いご家庭には便利です。






階段下を利用。勾配部分を生かして飾り棚としても。








トイレの収納も工夫しだいで・・・。
いずれの場合も、棚は、上下可動式をお勧めしています。



営業部  藤井