スタッフブログ

トイレ今昔

家づくり

随分と古い時代はともかくとして、洋式腰掛便器が普及し、さらには、お尻を洗浄してくれる便器が出来た事により、トイレのイメージも随分と変わりました。
  

今では、和風の便器を知らない・使えない子供達がいたりと、時代の変化をトイレでも感じます。
 

さらに、昨今の感染症対策にと、センサー付照明器具・自動開閉便座・自動洗浄便器・自動水栓手洗い器と、急激に普及が進んでいるようです。
そのうち、全てが自動になる事も遠い話ではないのかも・・・。
 

昔話になってしまいますが、私自身が初めて腰掛便器を使用した時のためらい、洗浄便座を使用した時の驚きは、今でも忘れません。(笑)

便器類の進歩によって、トイレの内装も随分と変化してきました。今後、和便器を見る事がなくなるのも遠い先ではないと思います。
陶器製が当たり前だった便器類も、樹脂製の商品も増えてきています。
   

ただし、便利さと引き換えに、耐用年数も短くなり、定期的メンテナンスが必要になった事も事実です。      

営業部 太田