スタッフブログ

大規模改築工事構造補強

家づくり

  

旧家の改築工事の場合、新築とは違った意味での検討を加える必要が有るのが、
構造部分の補強です。時代の変化によって、材料・工法・法の基準も変化してきました。

特に最近では地震に対する不安をお持ちのお客様が多くなり、
耐震診断を受けられるケースもあります。

ただ、大変残念な結果が出る事が多く、結果お客様を悩ませる事になります。

診断どうりの補強を加えると大変な高額になるケースが多いからです・・・。

かと言って建て替えは・・・。  




  

旧来よりの在来木造建築では、
構造材の寸法と接合方法・施工方法により、
必要とされなかった水平方向の捻じれに対抗する火打ち梁と呼ばれる部材。 


 


今では当たり前になり、お客様もよくご存知な、
耐力壁としての筋交い。

面材によるケースも有ります。

配置の平面バランスも重要です。




  

  
             


間取りの変更によっての補強梁の追加。

化粧梁として、天井に表して、室内のデザインとする場合もあります。

大規模増改築・再生工事の場合、対費用と、ご希望の間取りが出来るかどうか、
又、住み続けてきたご家族の思い出も含めて、ご検討を頂く事になります。

法の縛りにより増築、一部建て替えが出来ない場合もあります。 

営業部 太田