スタッフブログ

解体時にご注意を!!

家づくり

本日、住み替えのご相談で、解体調査に伺ってきました。
今回計画されている建物では対象になりませんでしたが、
令和4年4月1日から開始する解体工事において、石綿(アスベスト)の事前調査報告が義務になります。
(厚生労働省HP:https://www.ishiwata.mhlw.go.jp/)

アスベストを含む新建材は、当社はほぼ使用していませんが、
住宅業界においてサイディングという外壁材やビニル床タイルなど
新建材に多数使用されているものに含まれています。
※2006年(H18年)以降は禁止されているため、築16年以上前の建物が対象の様です。
住宅業界全体では割と最近まで使用されていましたし、
大手家具メーカーでも、2020年12月に回収報道がありましたね。

サイディング

外壁サイディング

カラーベスト

屋根材カラーベスト



解体等せず、普段生活するうえでは危険性が少ないとされるものもありますが、
解体時には、専門の調査や種類に応じた撤去方法が求められます。

解体されるものに含まれるかどうかで、費用も大幅に変わってきますので、
これから建物の解体や建替え、リフォームをされる場合には注意が必要です。

家づくりの総予算にも影響を受けるケースもありますので、
気になる方は、当社や専門業者さんなどにご相談ください。

営業部 森本