スタッフブログ

階  段

家づくり

 

二階建て住宅の平面計画の上で、階段の位置は非常に重要です。

各部屋の位置は気に入った間取りが出来たのだが、階段が無かった!

二階にはどこから・・・??と、
経験の少ない頃に失敗を繰り返した事を思い出します。

部屋の配置に目処がついたら、
一番に階段の位置とデザインを考える必要があります。

 

特殊な事例ですが、自然志向の強いお客様のご希望で実現した畳敷階段です。

段鼻と呼ばれる部分は消耗が激しいので、畳枠を兼ねて天然木で。

体にやさしい階段の出来上がりです。

 

窓はなくてもいいから、明るく、広い屋根裏部屋と、
専用階段をご希望のお客様で、水害が多発する昨今、
過去に経験もされており、
水害時の避難場所としての収納を兼ねた部屋のご希望でした。


大きな吹き抜けのあるリビング階段。

杉の一枚板を使用し、手摺も、杉の細口丸太一本物です。

長いので元から先まで同じ太さのものは無く、
元口は削らざるを得ませんでした。


昔からの箱階段を思わせるようなデザインの、
国内産天然松材での廻り階段です。

天然松板は、気候変動の影響もあるのでしょうか、
今では入手が困難になりつつあります。

当社には在庫が沢山ありますので・・・。

古民家再生工事にて、梯子式階段だったものを、
色々な工夫を重ねて実現することが出来ました。                 

営業部  太田