スタッフブログ

築150年古民家再生工事

家づくり

 
        工事着工前


        工事完成時

築150年に渡って住み続けてこられた旧家を、
「傷みも進んできたので」と、ご相談を頂きました。

屋根は何度もの改修を重ねてこられた様ですが、
「限界かな?」とのお話もありました。

生活様式も新築当時とは大きく変わってきているので、
間取りの変更の為、一部解体して建て替えも含めた再生工事になりました。

 

 

まず、建て替え部の解体から着工して、
二階屋根を先行して仕上げる工程を選択しました。

一部構造上重要な部分の傷みが進んでおり、
お客様のご決断のタイミング次第では・・・? 
でも、大丈夫です。150年間よく頑張ってくれたと思います。

 

既存部の床下には防湿シート敷・乾燥砂押さえと転圧を実施して、今後の湿気対策を。

 

建て替え部は、鉄筋コンクリートベタ基礎を施工し、
既存部の造作工事と並行して建て方をしました。

 

屋根瓦を葺きあげし、屋外の木工事もすすんでいます。

屋内外の造作完了後、木製塀他の外構工事を進めて、無事完成しました。                  

営業部  太田