スタッフブログ

ウッドデッキ

現場

こんにちは。

先日H様邸のウッドデッキの材料を仕上げたので紹介します。

H様邸ではひのきの角材を使用しています。

これは、上に並べる材料です。
寸法を加工し、上に向ける面を超仕上げという機械でうすく削って仕上げ、両角を落としました。
仕上げるポイントは、木の目をみてきれいに仕上がる向きに削ることです。








この材料は生き節(枝がまだ生きているうちに枝打ちされ、木の中に取り込まれたもの)が多くあります。
節は、まわりとは目の向きが逆になっているので、一本一本木をみて、生き節が多い場合は、生き節がきれいに仕上がるよう逆向きに削っています。



資材課 磯田