ただいま神社の本殿の屋根改修工事中です。

今日、窯に入れて焼く前の軒瓦(のきがわら)の見本が届きました。

焼き上がったら直径13.5センチになるように

計算してこの大きさ(約16センチ)にしてあるそうです。

1200度で焼き上げると、こんなにも小さくなるんですね。

↓ 楕円で囲っている部分の瓦のことを軒瓦といいます(着工前の写真)
kasiwajima-jinja25.11.2-001.gif

■↓ 既存の軒瓦≒13.5㎝       ■↓ 新しく作成した焼く前の軒瓦≒16㎝
2014.06.21mihon.gif

常務取締役 森永