本日、地元の小学校で行っている町探検があり、2年生の子

20数名が当社を訪れました。

探検という名前ですが、実際は教育のひとつで、学校の近所に

ある会社をまわり、仕事の内容などいろいろな質問をして、

何をしているのかを調べるのを目的としているようです。

matitanken1.jpg

上の写真は、昔の道具を見せて何に使うか説明をしている

ところです。どの子も興味津々で、目が輝いています。

matitanken2.jpg

この写真は、加工機械で木を削ってみせているところです。

カンナの削りばなが出てくると、子供は歓声をあげて喜びます。

そして、匂いをかぐと、さらに感嘆の声をあげます。

その削りばなを一人一人にプレゼントすると、宝物のように

持って帰ります。

探検という名前のとおり、本物の木とふれあい、わくわくする

ような体験を通して、森本工務店のことを大人になっても

少しぐらい覚えてくれてたらいいな、と思います。

総務課 としくんでした。