数寄屋調和風住宅のオーダーを頂きました。

今では、骨組み構造材のプレカット加工が当たり前になり、天然木丸太の梁を

使用する事が激減してしまいました・・・。

松の樹の丸太をタイコ型に製材し、屋根を支える部材にします。

完全なる天然木のため、1本1本に特徴があり、プレカットができません。

棟梁による墨付け、手刻みで加工していきます。

つい数年前までは、当たり前のことだったのですが、残念なことに自称棟梁さんの中には、

墨付けや手刻みの出来ない人が増えてきているのでは…と心配しています。

「そんな非現代的なことを。」とつぶやく大工さんもおられることが残念でなりません。

それとも、そんなことを言っている私が「古い人間」なのでしょうか?

材木屋さんも在庫を持たれているところが激減しています。

当社では、もちろん棟梁による手刻みです。
P1140270.jpg

P1140273.jpg

営業部 太田