P1140356.jpg

15年前設置したウッドデッキをやり替えさせていただきました。

5年くらい前に、御施主様が床材の天地逆転しての貼り替えをされていましたが、

娘様御一家との御同居によりお孫様が遊ばれる機会が増えるので、

もったいなかったですが、思いきられました。

その時に御施主様よりの御指摘が

「木と木が接合している部分が降雨後の乾燥が悪く傷みも早い」

と対策を考える様に御指示を頂きました。

さらに、床材を貼る骨組みを「モロ木」に出来ないかとの御指示もありました。

「モロ木」が水に非常に強い木であることをご存じでした。

「モロ木」は建築用材として、市場に出ることはほとんどありません。

幸いなことに当社に在庫があり、モロ木の長所・欠点を

ご理解頂いた上で使用させていただきました。

P1140373.jpg
(メッキ鋼製束)

骨組みを支える「束」はメッキ鋼製束を使用し、

木と木の接合部を減らし、さたに骨組みと床材の間に

メッキ番線の5mmを2本敷き床材が直接骨組みに当たらないようにしました。

P1140379.jpg
(メッキ番線)

こうすることで、木と木の間に隙間ができ木が乾燥しやすくなり傷みにくくなります。

この施工方法については、お客様へのご提案とご理解のもとでのはじめての施工です。

10年後に良い結果が出るはずなのですが…?

営業部 太田