最近、「2階建ての既築住宅を平屋に出来ないか」とのご相談が入って

くるようになりました。家族数の減少に合わせて耐震上の不安を理由に

上げられての事が多いようです。

20~30年以上経過した既築住宅の場合、その後に発生した地震の

たびに改正された耐震基準に適合していない場合が多く、2階部分を減築して

平屋にする事は多いに意味あることがと思います。

10数年前まではその逆の平屋を2階建てに増築したいとのご相談があり、その一例を

ご紹介致します。

0810-3.jpg

ただし、耐震基準に適合させる為の1階部分の構造補強が結構大変です。

今回の事例は平屋建てを丸々総2階に増築するのと合わせて元々の地盤面が低いため

床下が湿気やすいので、建物を家曳き工事により盛り上げる工事も、

合わせて行いました。

0810-1.jpg

0810-2.jpg

0810-6.jpg

0810-5.jpg

0810-4.jpg

私が考えている住宅の耐用年数の間に、子供たちは成人され巣立っていかれ、両親は

人生の大ベテランと成長(?)されます。その間に、家族数の変化、

世の中の変化もあり常にその時の状況に合わせた増改築(間取変更)が、

極力簡単に出来るようなしっかりした構造での新築をこれからもおすすめしたいと

思っています。

営業部 太田