こんにちは。資材課の三宅です。

下の写真は、K様邸の食器棚(下側と上側)です。

F1000196-1.jpg
下側
F1000190-2.jpg
上側

当社では、ほとんどの造り付け家具を加工場で組み立てるか、

パーツを作って、現場で大工さんが組み立てています。

今回、食器棚下側の天板には、杉の板を使っています。

幅600(60㎝)で長さ3㍍ちょっとですが、さすがに一枚ものは厳しく、

似た杉板を貼り合わせています。

F1000191-3.jpg

貼っているとは思えないでしょう。合わせるのに苦労しました。
(白色と赤色の境目で貼っていると思われるかもしれませんが、そこでは貼っていません。)

むくの木なので、当然、節があります。
(木には、枝がでています。その部分が節になります。)

今回の板にも、2個の節があります。

F1000192-4.jpg

しかしながら、微妙な木取り(寸法取り)で、この節2個は、上側の食器棚で隠れるようにしています。

天板以外は、メルクシパイン(松系の木)の積層材を使っています。

長さ、幅をカット加工して、可動棚用のレールの溝をついて

F1000189-5.jpg

加工場大工の川西さんの出番です。

F1000193-6.jpg F1000194-7.jpg

溝を彫り、ほぞをつくって組み立てていきます。

F1000195-8.jpg

出来上がりを、現場監督が持っていって、大工さんに取り付けてもらいます。

川西さんとふたりで今日もお仕事、頑張っています。