古い建具修繕のひとつの例です。
2015-12-22 14.11.06







腰板付き建具です、腰板を白木のまま見せたり、古い既存建具に合うように塗装をしたりします。
2015-12-22 14.12.03

塗装では、色を塗ってすぐに拭き取り
木目を出したりします。

また、色あいを薄くしたりして古い建具の色に合わせます。

色合わせは、赤、黒、黄、白色の4色を混ぜ合わせます。
それをシンナーで薄めて、使っているのと同じ材料の木片に塗り、拭き取りを
何回も繰り返し、既存建具にあった色、風合いにしています。
2015-12-22 14.25.46CIMG2191

最初に塗った時の色は少し違っても、拭き取るとよく似た色合いになったり、また、その逆もあり不思議なものです。

思い通りの色あいがでると、すっごく嬉しいです。

材質や木目によっても色合いは左右されるし、赤味や白味によって、塗料の乗り具合もちがいます。
だから、どんな材料を使うかを考えるのも楽しいものです。
建具に限らす、古いものの修繕は、奥が深いものだとつくづく思います。

お客様サポート課の後藤でした