広木舞(ひろこまい)→屋根の端、軒先にそって、垂木(タルキ)の上に取り付けた横木。

屋根の種類によって、瓦なら三角形、板金(金属)なら長方形と大きく2種類に分かれます。


瓦用の場合、加工場では直角二面カンナ盤で縦、横を加工して、自動カンナ盤で幅、

高さを加工していきます。

F1070003F1070004




F1070005F1070001


次に、溝突き昇降盤で野地板(屋根板)のしゃくり(軒が化粧の場合)をします。
F1070024F1070025



最後に仕上げてゆきます。
三角形なので、超仕上げカンナ盤では、上手く削れないので、大工の川西が手カンナで仕上げてゆきます。
F1070026


 

板金用の場合は、長方形なので超仕上げカンナ盤で仕上げます。

資材課の三宅でした。