こんにちは、資材課の三宅です。

垂木とは、家の屋根板を支えるため、棟から桁に渡した木のことです。

F1000310 - コピー

森本工務店では、垂木には主に桧、松、杉を使っています。

次からの写真は、桧の加工状況です。

最初に程度を選別して、長さを横切りでカット。
 F1000302F1000301

次にモルダーで加工していきます。
F1000303

加工したあと、桟積みをして、超仕上げ機で仕上げ、面を取って完成です。

F1000304 F1000300 F1000305

以上は、垂木を化粧として見せる場合です。

あとは、大工さんが場所ごとに、棟木、母屋、桁の位置に垂木に釘穴をあけていきます。

最近の住宅は、軒裏をケイカル板等で打ち上げて、垂木を見せない所がほとんどです。

森本工務店でも、垂木を見せない家もあります。

好みによって、どちらのタイプが良いか、分かれると思いますが、選べることができるのは、うれしいことかと思います。