スタッフブログ

スタッフブログ

家づくり

古材の再生

築200年程度の邸宅を建替えさせていただきました。
お客様も再利用できる材があれば、思い出もあるので・・・・と御希望されておられました。

しかし、対費用効果を考えざるをえない為、そのバランスを検討した上での事とご理解をいただき、まず、その候補材を選別し、可能な限り注意しての解体作業を行いました。
結果、20本・枚ほどの木材と30本・枚ほどの御影石を再生候補材として取り出しました。木材については傷・割れ・くされ・虫穴等を当社の加工場にて検討しました。

残念ながら約半数強は再生不可能と断念し、次の6つを再生しました。

①床柱は代々引き継がれる様にと思いを込めて屋根棟の真束として再生。完成後は見えなくなりました。

②大黒柱は玄関正面の大黒柱としてみごとに再生(たくさんの傷跡の処理が大変でした)

③縁側の紅梁(こうりょう)はウッドデッキ部屋根の紅梁(こうりょう)として再生。さらに寝室の化粧天井の化粧梁として再生。(④でご紹介)

④縁側の床板は寝室の化粧天井板として再生。

⑤板石系御影石は、玄関土間の踏み石として、また、沓脱石として再生。

⑥長石系の御影石はスロープと玄関ポーチまわりの縁石として再生。


解体前には、床の間の再生も考えていたのですが、結果的には反り・ねじれの為それが実現出来なかったのが大変残念な思いでいっぱいです。

営業部 太田

倉敷市で注文住宅をお考えの方へ!和室を設置する費用とは?

営業部 新人米山です

 「新築で注文住宅を建てたいが、和室を作るのにいくらかかるのか分からない」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

せっかく注文住宅を作るなら、自分の希望に沿った家にしたいですよね?

そのような方々に向けて、今回は注文住宅で和室を作るのにかかる費用についてご紹介します。

 

□様々な和室

 

和室は昔ながらの部屋の様式であり、落ち着きを感じられるため、和室を設置したいと考えている方も多いでしょう。

注文住宅に和室を作る場合、いくつかのタイプがあります。

 

*畳コーナー

 

畳の質感を手軽に楽しみたいという方は、リビングダイニングの一角に畳を敷くだけの畳コーナーがおすすめです。

独立した部屋として和室を作るわけではないので、一般的な部屋と変わらない費用で設置できます。
畳コーナー↓




*小上がり和室

リビングなどから一段上がった部分を和室にするタイプです。

少し腰掛けたり食事をしたりするのにとても趣があり、おしゃれな雰囲気を出せます。

大手メーカーの標準プランに追加する場合は50万~80万円ほどで、工務店に施工前からお願いする場合は材料費で10万~20万円ほどかかります。

小上がり和室↓




*独立した和室 

独立した個室として和室を作る場合、床の間、室内の造作デザインによって価格が高くなります。

畳の上には家具を置けないので、客間として利用したい方にはおすすめです。
独立した和室↓

 

 

□費用を抑えるポイント

 

和室は材料にこだわるほど費用が高くなってしまいます。

費用を抑えたい場合は、和風のビニールクロスを利用したり、真壁ではなく大壁にする手もあります。

ただ、せっかく造る和室ですから、畳も含めて極力自然素材を使用したいものです。

畳の素材であるい草は高い吸湿性や消臭効果を持つため、部屋の匂いが気になる方にもおすすめの素材ですよ。

 

 

□まとめ

 

今回は注文住宅で和室を作るのにかかる費用についてお伝えしました。

一度洋室として作った部屋を和室にリフォームしようと思うと、とてもお金がかかってしまいます。

もし和室を作ろうと考えている方は、新築の際に作ることをおすすめします。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。


 

倉敷市で和風モダンな注文住宅に住もう!特徴と注意点について紹介します!

営業部 新人米山です

「和風な注文住宅を建てたいが、古臭くならないか不安」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

そのような方々に向けて、今回は和風モダンな注文住宅の特徴や注意点についてご紹介します


□和風モダンの特徴 
和風な家と言われると、畳や障子など、和室を思い浮かべる方は多いでしょう。

昔ながらの和室のデザインは、暖かみや癒し効果を感じる一方、少し古臭く感じてしまうこともあるかと思います。

和風モダンは、そんな和風デザインに現代的でおしゃれなデザインを加えたものです。

日本の伝統的な「和」のデザインは機能性が高く、おしゃれでありながら暮らしやすいというのが和風モダンの特徴です。

和のデザインは、自然素材の風合いや機能をそのまま用いるシンプルなものが多いため、
他の様式やデザインにも馴染みやすいです。

 和モダン↑

□和風モダンの注意点

 

*施工能力の判定が必要

 

和風モダンの住宅の外壁材には、漆喰がよく用いられます。

職人の手で丁寧に塗り上げられた漆喰は、デザイン性が高く上品さを出せますが、施工方法が不完全だとひびが入ってしまったり、汚れが付着してしまったりするとメンテナンスが必要になるので、業者選びが大切です。

和風モダンの住宅に用いられる建材の多くは、メンテナンスを必要としますが、大切に使えば耐久性が高いという特性があり、経年変化を楽しむことができます。

定期的なお手入れを忘れず、長い間美しい状態を保ちましょう。

*材質によって経年変化が異なる

 

和風モダンの住宅に使われる材料は、材種、適材適所の使い方により耐用年数を大きく延ばすことができます。

外壁の焼き板は3040年メンテナンスが無用のため、おすすめの素材です。

 

*こだわりすぎない

 

和風モダンのデザインには、素材の質が大きく関わります。

そのため、適材適所への素材の仕様を見極める能力を持った業者選びが大切です。

おしゃれさを追求しすぎると、費用が高くなりすぎてしまうため、予算を超えすぎないように注意しましょう。

 

□まとめ

 

今回は和風モダンな注文住宅の特徴や注意点についてお伝えしました。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

倉敷市にお住まいの方必見!木の家の値段の相場とは?

営業部 新人米山です

「新築で木の家を建てたいが、値段がいくらかかるのか分からない」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

木の家は、コンクリート製や金属製の家と比べ、健康面において安全で、湿度調節機能が付いているといった特徴があります。

ですが、木の家を建てるには高い技術が必要なため、施工費用が高いというイメージを持たれてしまうことが多いです。

そのようにお考えの方々に向けて、今回は木の家を建てるためにかかる費用についてご紹介します。

 

□木の家の値段相場

木の家の値段相場は2200万~3000万円ほどです。

規模の大きな住宅や、こだわった部屋を作った場合は総額が膨らむ場合もあります。

*一般的な4人家族での木の家の例

4人家族が住む、2階建ての木の家にかかる費用の例を紹介します。

34坪(112平方メートル)の住宅の場合、建築工事費が2400万円程度、外構工事費が120万円程度、諸経費が150万円~200万円程度かかります。 


□木の家をできるだけ費用を抑えて建てるポイント

木の家に限らず建物を建てる際は、「木材・建材費」「作業員の人件費」「経費」によって

値段が決まります。

ここからは、建築費用をできるだけ抑える方法を解説します。
 
*総二階建てにする

総二階建てとは、基礎と屋根の面積が最も少ないシンプルな形状のことです。

複雑な形状の建物は、多くの人手が必要になり、必要な材料も増えるため、費用が高くなってしまいます。 
*シンプルな間取りにする 
部屋の数を少なくし、天井を水平にすることで、人件費と材料費を抑えられます。

壁で部屋を仕切る代わりに、パーティションなどを活用することで費用を抑えられます。 


□まとめ

今回は木の家を建てるためにかかる費用についてお伝えしました。

高いイメージがある木の家ですが、木を扱うのが得意な業者と木を扱っていない業者では価格は大きく違ってきます。

また、間取りや形状をシンプルにすることで、より値段を抑えて木の家が建てられます。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

続・住まいのこだわりポイント

先日ブログで取り上げていました記事の続編です。

建物のお引渡しをし、
いよいよお引越しというタイミングでお邪魔させていただいたT様宅。

エアコンも入り、壁掛けTVもいい感じに納まりました♪

(以下、壁掛けテレビの接続写真です)


以前のブログでもありましたが、世界にひとつだけの住まいの
こだわりの中の一部分です。

セッティングはご主人が行い、すっきりとしたレイアウトになっています。
DVDプレイヤー等のAV機器は別位置にセット済みで、
DVDプレイヤー、ゲーム機なども目立たず収納されており
録画操作やDVD視聴、ゲーム、インターネット視聴なども簡単にでき、

「すっきりとしていいなぁ~」

などと思いながら、非常に羨ましく見ておりました。
(HDMI端子のほか、インターネット配線もスッキリ接続可能に)

当日はお子様がゲーム機で遊んでおり、
撮影のために中断してもらってパシャリと撮影しました。
(T様ありがとうございました)

家づくりをご検討されている方も、
ぜひともしてみたいことなどお申し付けください。
快適に暮らされるご提案をしてまいります。

営業部 森本

‟造作家具”と‟収納量”にこだわった住まい~お引渡し~

先月、K様邸のお引渡しをしました。

↑IHの使い方を説明


工事が始まる前から、お施主様と何度も打合せを重ね、工事が始まってからも、「ここはこうしてはどうか・・・」「収納の奥行はどのくらい必要ですか?」など奥様と中心にやり取りをさせていただきました。

内装段階では、照明器具やクロスの配色にこだわりました。

↑2階のLDKと、和室につながる広々とした間取り。



1階のトイレ空間。腰の高さまでお手入れのしやすいパネルを貼り、床は良い香りのする桧のフローリングです。

洗面脱衣室には、タオルや洗剤のストック用としてシステム洗面化粧台と組み合わせてトールキャビネットを配置。天井には、洗濯物を干すことができる物干しユニットを設置しました。

浴室には暖房換気乾燥機を付け、浴室でも洗濯物が干せます。
雨が続く今日も、K様邸では雨もへっちゃら!・・・なはずです。
さらに、家事がラクになる機能「床ワイパー洗浄」も搭載!

ボタンをポチっと押すと、カウンター下のほうから電気分解で作られた特殊な水が「シャーーー」と撒かれ、皮脂汚れが付きにくくなりお掃除がラクに。

ショール―ムで実際に体感していただき、追加した機能です。
K様、また使い心地を教えてくださいね。

他にも、造作家具(TVキャビネット、パソコンカウンター)などこだわったポイントがいくつもあります。こちらは施工実例で紹介していますのでぜひご覧ください。


デザイン室 那須

【倉敷市で在住の方へ】木の家のメリットとデメリットを解説

営業部 新人の米山です。

「倉敷市で木の家を建てたい。しかし、木の家にどのようなメリット、デメリットがあるのか分からない。」

 



(Y様邸新築工事)

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
木材で建てられた家には、コンクリート製の住宅とは違った特徴があります。
しかし、なかには木の家にどんな特徴があるのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回はそのような方に向けて、簡単に木の家のメリットとデメリットについてお話しします。


□木の家のメリット
住宅を建てる時、鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りなどの様々な建築方法がありますが、木造の家には他にはない独特の特徴を持っています。では、木の家には一体どんな特徴があるのでしょうか?

*高い耐久性
木材は他のコンクリートや金属などの素材に比べて、圧縮や曲げなどの変形に対して、優れた強度を持っています。そのため、古来より、土台、梁、柱にも使われており、地震大国である日本の家に適していると言われています。

*湿度調節作用がある
木には湿気を内部に吸収する働きがあり、他の金属やコンクリートに比べて、非常に熱伝導率が低く、外からの気温が伝達しにくい断熱性を持っています。
そのため、家の中を夏は涼しく、冬は暖かい環境にすることができます。
また、木の家は人が過ごしやすい湿度を維持する効果もあり、さらに、カビやダニなどの発生を防ぐ働きもします。

*健康にやさしい
木材は、自然由来のものを使っているので、人間の健康に悪い影響を及ぼす有害な化学物質の発生を抑制することができます。
例えば、部屋の空気の汚れにより、鼻水や喉の痛み、頭痛などの症状を引き起こすシックハウス症候群や、アレルギー症状などの予防にも役に立ちます。


□木の家のデメリット
木の家には、メリットもありますが、反対にデメリットもあります。例えば、傷みやすいという特徴があります。フローリングに木材を使った場合、机の足や家具の移動などで、床に傷がついてしまうこともあります。また、木材は水に弱いため、長い時間、水を放置すると、腐食の原因になってしまいます。このように、木材は傷みやすいという特徴を持っているため、定期的なメンテナンスが必要です。


□まとめ

今回は、木造の住宅のメリット、デメリットを簡単にご紹介しました。
ぜひ、この記事を参考にして、ご自身に合った家を作ってみてはいかがですか?
また、当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。
もし、倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設を検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

営業部 米山

【倉敷市で注文住宅をお考えの方へ】おすすめの床の無垢材とは?

営業部 新人の米山です。

「無垢材を使ったフローリングにしたい。しかし、できるだけフローリング選びを失敗したくない。」

このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?

無垢材のフローリングには、湿度を調節する機能や、温もりのある家にできるというメリットがあります。しかし、なかには、無垢材を詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はそのような方に向けて、無垢材についてご紹介します。

 

 

□無垢材の定義とは?
フローリングには、無垢材と集成材という2つの木材が使われます。
①集成材は、小さく切り分けた木材を乾燥させ、接着剤で組み合わせた「人工」の木材です。

②無垢材は、加工をせず、切り出してすぐに出荷された木材なので、自然な状態を維持しています。

また、集成材は加工しているので、品質が安定しているという特徴があります。

反対に、無垢材は、木によって質が大きく変わってしまいますが、それぞれの木材に独特の特徴が出ます。

 

 □様々な無垢材
無垢材には、様々な種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。では、それぞれの無垢材は一体どんな特徴を持っているのでしょうか?

 

*パインのフローリング

無垢材の中には、パイン材というものがあります。パイン材は、長年使っていると独特の風味が出るので、多くの人々に愛用されています。

さらに、アンティーク家具にも使われることもあり、経年によって出る独特の深みを楽しむことができるため古くから人気の素材です。

無垢材として使われることが多いパイン材ですが、他の木材より価格が低く設定されています。

素材が柔らかいため、小さなお子さんや高齢者の方がいらっしゃる家庭におすすめです。

 

 

*ヒノキのフローリング

ヒノキは、日本を代表する、とても質の高い木材です。お風呂の浴槽の素材として使われることもあり、その独特の香りが人気の理由の1つとして挙げられます。

ヒノキの素材を使うことによって、良い匂いが部屋に充満し、快適な生活を送ることができるでしょう。また、ヒノキは、強度や耐久性が高く、肌触りが良いという特徴を持っているため、フローリングに合った素材です。

しかし、他の素材に比べて、時期による影響を受けやすく、季節によって価格が大きく変動してしまいます。

 

 

まとめ
今回は、無垢材のフローリングについてご紹介しました。この記事を参考にして、ご自身に合ったフローリングを作ってみてはいかがでしょうか?また、当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。
もし、倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設やリフォームを検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

営業部 米山

【倉敷市で注文住宅を!】おすすめの和室の間取りを解説

営業部 新人の米山です。

「注文住宅を建てる時、和室も作りたい。しかし、どのような和室の間取りがいいのか分からない。」


このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
家に和室があると、住宅の雰囲気が和やかになり、快適な生活を送ることができます。
しかし、なかには和室の間取りについて詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回はそのような方に向けて、和室のレイアウトや間取りについて簡単にご紹介します。


□和室のメリットとは?
和室のメリットとして、ベッドやソファを使うことなく、部屋を使うことができるということが挙げられます。和室の場合、床に畳が敷いてあるので、雑魚寝することができ、ベッドなどの家具が必要ありません。さらに、襖(ふすま)や障子の使い方によって、部屋の大きさや雰囲気を簡単に変えることができます。
普通の部屋だと、部屋の大きさは決められていますが、和室の場合、襖などで部屋を仕切ることができます。


□和室のデメリットとは?
和室のデメリットとして、日常的に使わないと、畳にカビが生えてしまうことがあります。畳は自然由来の素材で作られているため、定期的に点検を行わないと、痛んだり、カビが生えたりします。また、和室を予備室として作ると、床面積が多く必要になり、無駄になってしまいます。

(M様邸新築工事、当社で扱う畳は良い香りのするイ草畳)


□和室のレイアウトで気を付けるべき点とは?
和室の間取りを考える時、重要なことは、家族で過ごしやすい部屋を作ることです。そのため、和室を独立させるのではなく、他の部屋につなげることが重要です。そうすることによって、和室が子供の遊び部屋になったり、客を迎える応接間になったりと、和室を多目的に使用することができます。


□和室の間取りを失敗しないためには?

*和室の色に注意
和室と洋風の部屋を繋げる時は、部屋の色に注意しましょう。例えば、茶色の洋室に、白色が基調の和室をつなげてしまうと、内装に違和感が出てしまいます。
そのため、部屋の一体感を意識して、できるだけ近い色を部屋の色として設定するようにしましょう。

*目線の高さ
和室(畳コーナー)で座っている人と、洋室で椅子に座っている人では、目線の高さが大きく変わってしまいます。狭い空間に和室と洋室を作る場合、和室を約30~40センチあげると、目線の高さの違いを解消することができます。

(K様邸新築工事、畳コーナーをつくり一段上げています)


□まとめ
今回は、おすすめの和室の間取りやレイアウトについてご紹介しました。
ぜひ、この記事を参考にして、快適な和室を作ってみてはいかがでしょうか?
また、当社は優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。
もし倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設やリフォームを検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

営業部 米山

【倉敷市の方におすすめ】自然素材の家に必要なメンテナンスとは?

営業部 新人の米山です。


「自然素材の家を建てたい。しかし、どのようにして家のメンテナンスをすればいいのか分からない。」

このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?

せっかく家を建てるなら、できるだけ良い素材を使って、快適な生活を送れるような住宅を作りたいですよね。

しかし、なかには自然素材の家について詳しく知らず、どんなメンテナンスの方法をすべきか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はそのような自然素材の住宅を検討中の方に向けて、メンテナンスの方法についてご紹介します。

 

 

□自然素材を使った床のメンテナンス方法
床に自然由来の素材が使われることは多いです。自然由来の素材を使うことによって、深みや温かみをもった床を作ることができます。

床をメンテナンスする方法としては、乾燥した雑巾で床を拭き、掃除機を使って掃除することが挙げられます。湿気や水は、自然由来の素材を腐食させたり、ひび割れなどの変形の原因になったりするので、気をつけなければなりません。

また、床に汚れが染みついてしまった場合、中性洗剤と固く絞ったタオルで掃除をします。このとき、できるだけ床を濡らさないようにしましょう。

 

□漆喰や土壁のメンテナンスの方法
漆喰や、土壁は耐火性が高く、古くから日本の住宅の外壁として使われていました。日常的なメンテナンスとしては、埃を拭き取り、掃除機をかけることが可能な場所はかけ、掃除を行います。また、目立つ汚れがついてしまった場合は、消しゴムや紙を使ってよく擦ると、綺麗にすることができます。

 

□水回りのメンテナンスの方法

漆喰や土壁、木材などの自然素材にとって、水が一番の腐食の原因です。そのため、キッチンなどの水回りの設備に自然素材を使用する場合、気を付けてメンテナンスを行う必要があります。

自然素材をキッチンや洗面台などに使用する場合、防水加工を施し、水から保護して素材の腐食を防ぎましょう。

 

 

まとめ
今回は、自然素材を使った住宅のメンテナンス方法と頻度についてご紹介しました。自然素材は、様々なメリットがありますが、お手入れが必要というデメリットもあります。そのため、家を綺麗に保つためにも、日常的にメンテナンスを行うようにしましょう。

また、当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。もし、倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設やリフォームを検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。


営業部 米山