スタッフブログ

スタッフブログ

家づくり

倉敷市・浅口市の方に向けて!注文住宅でキッチンを和風に変える方法!

倉敷市・浅口市・の方に向けて!注文住宅でキッチンを和風に変える方法!

「注文住宅のキッチンを和風にしたい」
「和風キッチンの実例を知りたい」
と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、倉敷の方に向けて、注文住宅でキッチンを和風にする方法について、ご紹介します。



□和風のキッチンを作るメリット

和風キッチンを作ることには、
・キッチンの雰囲気が落ち着いた雰囲気に仕上がる
・キッチンの居心地が良くなる
・和風の家との調和がとれる
などのメリットがあります。


□和風キッチンの実例

*タイル張りで和風を演出したキッチン


キッチンのフロアキャビネットをタイル張りにすることで和風を演出できます。
和風なアイテムとの相性もばっちりです。

*和風インテリアが彩るナチュラルなキッチン


木製のオープン棚・自然素材のアイテムが和風を演出しているキッチンです。
色をまとめたり、同列の棚に同じ種類や素材の物を並べたりすることでさらにおしゃれに見えます。


□和風のキッチンを作るためのポイント

*木の温もりを大切にする

和風と言えば、「木」のイメージがあると思います。
キッチンは、無垢材や木目調のデザインを選ぶと良いでしょう。
和風のテイストを考えると、黒っぽい落ち着いた色の木が合うと思いますよ。

*見せる収納


「日本の台所」と言うと、棚に鍋やキッチン用品がきれいに並べられているイメージがありますよね。
これを真似て、あえて見せて収納することで和風の雰囲気を出せます。
この場合、整理整頓を忘れないようにしましょう。

*色合いを周囲と統一する

キッチン全体の色合いをシンプルに統一することも和風に見せるポイントです。

*プラスチック製品は隠す

プラスチック製品が見えると一気にイメージが変わります。
キッチン用品を木製の物に揃えるか、キャビネットに収納することがおすすめです。

*ステンレス製のシンク

ステンレス製のシンクは木と相性が良いです。
また、耐久性もあるのでおすすめです。


□まとめ

今回は、倉敷の方に向けて、注文住宅でキッチンを和風にする方法について、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、こだわりの木造住宅一筋55年で、新築・リフォーム・古民家再生を行っております。
木造建築を造り続けて55年の実績があり、プロならではのこだわりの仕事や自然素材を使用した安全な施工を行います。
本物の物づくりのために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、お客様に最高の価値と感動をお届けします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

倉敷市・浅口市で木造の注文住宅購入をする方へ!流れについてご紹介

倉敷で木造の注文住宅購入をする方へ!流れについてご紹介

「木造の注文住宅を購入したいが、具体的な流れが分からない」
「木造の注文住宅を購入する際、契約から引き渡しまでの流れについて知りたい」
と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、倉敷市・浅口市の方に向けて、木造の注文住宅購入を行う際の流れについて、ご紹介します。


□工事前に行うこと

*家の仕様を細かく確認しておく

工事が完成し、実際の住宅を見てから予想と違うことが起こっては困りますよね。
そのため、細かい家の仕様や費用なども含めて、事前にチェックしておきましょう。


□家づくりの流れについて

*土地探し

土地状況、条件などを確認した上で、要望する住まいが建つかどうかを現地で調査します。

*提案からお見積り

主に基本設計やお見積りなどを行います。
プランニングの内容、コンセプトの説明、敷地について、ご予算、工期などをお話しします。

*契約

建築・構造・電気・設備・外構などの実施図面についてお話します。
これらと並行して、窓の位置や形状・建具や家具のデザイン・コンセントやスイッチの位置なども決定します。
最後に最終的な予算を提示し、契約します。

*近隣への挨拶をする

工事期間中は音や人の出入りなど周りに迷惑をかけることが多いです。
新しい家に住み始めた後のご近所さんとの関係性も考慮し、工事前に近隣への挨拶は済ませておきましょう。


*着工

建築工事に先立ち、工事の安全を土地の神様へ祈った後、着工です。

*引き渡し

建物が契約通りかを確認し、カギを受け取ったら引き渡し完了です。


□工程や施工期間における注意点

*逆算して行動する

家を建てる際には、非常に多くの工程があります。
あらかじめかかる期間や工程を考慮した上で逆算して行動しましょう。
そうすることにより、予定とずれることが少なくなります。

*施工期間は業者や工法によって異なる

業者には、ハウスメーカー・工務店・設計事務所があります。
業者によって工法や施工期間が異なるため、契約を行う前に必ず確認しましょう。


□まとめ

今回は、倉敷の方に向けて、木造の注文住宅購入を行う際の流れについて、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、こだわりの木造住宅一筋55年で、新築・リフォーム・古民家再生を行っております。
木造建築を造り続けて55年の実績があり、プロならではのこだわりの仕事や自然素材を使用した安全な施工を行います。
本物の物づくりのために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、お客様に最高の価値と感動をお届けします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

和風建築の外観を倉敷市の注文住宅業者がご紹介!

和風建築の外観を倉敷の注文住宅業者がご紹介!

「倉敷で注文住宅を検討している」
「和風建築の外観について知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、倉敷の方に向けて、和風建築の外観についてご紹介します。


□和風建築とは

伝統的な和風の住宅は、日本の風土や気候に合わせてさまざまな工夫がされています。
また、伝統的な建築様式・木材・土などを用いています。
和風建築には、純和風住宅や古民家風住宅などがあり、どちらも伝統的な形や工法を重視して建てられています。
現代の和風住宅では、和風モダンや洋風に和テイストを取り入れた住宅などがあり、現代の暮らしに合ったスタイルを可能にしています。


□和風建築の外観の実例

*大屋根がアクセントの住宅

 
横に広がった大きな屋根がインパクトを与えるデザインです。
色合いが落ち着いており、自然に囲まれている住宅です。

*木を存分に使った昔ながらの住宅


玄関等に腰板など木を全面に用いることで重厚感が生まれます。
木と岩でできた庭園が似合う木造住宅にもなるでしょう。



*旅館のような雰囲気で開放的な住宅


玄関が格子でできており、旅館のように見えます。



*板張りの壁がやさしい印象の住宅


白い壁(漆喰)と焼き板張りが落ち着く空間を演出しています。
そこに黒い屋根があることで全体を引き締めている住宅です。
  

*瓦屋根が美しい住宅


瓦屋根の並びと木材で作られた柱のバランスが重厚感を与えています。
反り屋根 、木材のコラボレーションが実現した住宅です。


□外観をおしゃれにする工夫とは

*屋根

屋根は掛け方や高さによって大きく印象が変わります。
そのため、屋根の形を決めるときには家の外観パースをつくることがお勧めです。

*外壁

和風建築の外壁では、塗り壁・漆喰・無地に、石貼り・板張りがおすすめです。
色合いは、白・黒・しぶい抹茶色・黄土色などの自然界にある色の方が和風と相性が良いです。



□まとめ

今回は、倉敷の方に向けて、和風建築の外観についてご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、こだわりの木造住宅一筋55年で、新築・リフォーム・古民家再生を行っております。
木造建築を造り続けて55年の実績があり、プロならではのこだわりの仕事や自然素材を使用した安全な施工を行います。
本物の物づくりのために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、お客様に最高の価値と感動をお届けします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

住宅ローンの金利

最近住宅ローンの金利低金利の状態が、ずーーーと続いています。

住宅金融支援機構 フラット35HPから民間の金利推移を確認すると、
参照:フラット35HP https://www.flat35.com/loan/atoz/06.html
平成7年(1995年)からあまり変動はなく
変動金利の基準金利は2.475%をほぼ変わることなく推移しています。
基準金利は2.475%といっても、実際にローン組む時の金利は0.7%前後の金利。
                           (優遇金利による)

20年前以上に住宅ローンを組んでいた方
(当時一般的であった住宅金融公庫の2段階固定2.5%4.0%という金利だった方)
から比べると格段に低金利になっています。
 ※現在のフラット35の場合の最頻金利が、1.17%固定金利。

借りやすく、返しやすくなっている住宅ローンではありますが、
十分に理解しないまま、ローンを組むと失敗する場合もあります。

家づくりの中で、間取りや設備、土地探しと同様に大事になってくるお金。
これから家づくりを進められる方、
どのように進めたらよいか疑問に思われている方、
森本工務店ではスタッフがご説明いたしますので、いつでもお尋ねください。
定期的に開催している相談会等でもおこたえいたします。)


営業部 森本

知っておきたい!新築の固定資産税について倉敷の業者が解説します

「新築の固定資産税の仕組みや費用について知りたい!」

「そもそも、固定資産税って何?」

 

そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

固定資産税という言葉は聞いたことがあっても、実際に払ってみないとどのようなものか分かりませんよね。

特に、新築を建てる際には、事前に知っておきたい知識になるでしょう。

 

そこで今回は、新築の固定資産税について倉敷の業者が解説します。

 

□固定資産税の仕組みとは?

 

税金には、たくさんの種類があり、覚えるのも大変ですよね。

 

固定資産税とは、「新築で家を建てた後」や「マンションを購入した後」

に土地や建物に対して支払う税金になります。

 

では、具体的にいつ払わなければならないのかと言うと、毎年11日時点での所有者に固定資産税が課税されるようになっています。

 

特に、申告する必要はなく、新築を建てた後に登記申請を行うと自動的に各自治体に通知が届きます。

 

固定資産税の支払いには、「一括払い」と「年4回の分割払い」が可能になります。

 

□新築の固定資産税の費用とは?

 

やはり、一番気になるのは、固定資産税の費用についてでしょう。

 

固定資産税の費用は、固定資産評価額に一定の税率をかけたものになります。

税率は、各自治体によって異なることがありますが、「1.4%」と定めているところがほとんどです。

 

例えば、土地と建物の評価額が2000万円だとしたら固定資産税は、28万円(2000万円×1.4%)になります。

 

そんな大金を支払わなければならないのかと落ち込んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに、固定資産税は、高額な税金の一つです。

 

そのため、固定資産税は、一定の条件を満たすと減税措置を受けられるようになっています。

ほとんどの新築住宅は、減税措置の対象になっているでしょう。

 

一般的な新築の住宅の場合は、以下のような減税が受けられます。

 

*建物の減税

・認定長期優良住宅の場合

固定資産税の2分の1(新築後7年間)

 

3階建て以上の耐火・準耐火構造の住宅の場合

固定資産税の2分の1(新築後5年間)

 

・上記以外の住宅の場合

固定資産税の2分の1(新築後3年間)

 

*土地の減税

200m²までの一戸建ての場合

固定資産評価額が6分の1(期限なし)

200m²を超えて住宅の床面積10倍まで

固定資産評価額が3分の1(期限なし)

 

新築を建てる際の資金計画に、固定資産税の減税措置も参考にしてみてくださいね。

 

□まとめ

 

今回は、新築の固定資産税の仕組みについて倉敷の業者が解説しました。

 

新築を建てた際は、住宅ローンの費用を気にしてしまいがちですが、固定資産税についても事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

当社では、資金セミナーや新築相談会を行っています。

もし、新築を建てる際に不安な点や気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

倉敷市、浅口市で新築をお考えの方へ|意外と知らない、風水から考える良い配置とは?

「新築で家を建てるなら風水を取り入れたい!」

「風水を考慮して良い部屋の配置を考えたい!」

 

そのように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

新築で家を建てる時は、良い間取りになっているか、使いやすい配置になっているかも大切ですが、風水にもこだわる方がいらっしゃいます。

 

そこで今回は、倉敷市、浅口市で新築をお考えの方へ、風水から考えた良い配置をご紹介します。

 

□新築で風水を取り入れる際に知っておきたいことは?

 

実は、風水には、中国の環境学である風水と日本独自に発達した家相学というものがあります。

 

どちらも、よりよく暮らすために考えられたものという目的は同じなのですが、何を基準にして決められるかが異なります。

 

中国の環境学である風水では、本命卦(ほんめいか)と呼ばれる個人の生まれた年によって決められる「吉・凶方位」が基準とされます。

 

日本独自に発達した風水の家相学では、鬼門(家の中心から北東に当たる方角)と裏鬼門(家の中心から南西にあたる方角)が基準とされます。

 

日本では、新築時に家相学による鬼門・裏鬼門を気にすることが多くなっています。

本格的に風水にこだわりたいという方は、世帯主の本命卦を参考にしてみても良いでしょう。

 

□風水からみた配置のポイントとは?

 

風水って意外と難しいものです。

皆さんが、新築時に取り入れやすい風水から考えた配置のポイントをいくつか挙げていきます。

 

*「鬼門」と「裏鬼門」の位置を避けるべきもの

 

風水的に鬼門と裏鬼門は、明るく清潔に保つことが大切とされています。

よって、トイレやお風呂場などの水回り、玄関や車庫は、鬼門と裏鬼門の位置を避けるようにすると良いでしょう。

 

*建物は、正方形か長方形が望ましい

 

風水から見て、大きく欠けている間取りだったり、張り出しのある間取りには注意が必要です。

実は、構造的から見ても、大きな欠けや張り出しは、良いものとは言えません。

新築時には、建物の形にも意識してみてくださいね。

 

*玄関から窓が一直線に配置されている

 

玄関と窓が一直線に配置されていると、せっかく入ってきた良い気が、そのまま窓から出て行ってしまうと言われるそうです。

もし、このような配置になってしまった場合は、観葉植物やインテリアを置くなどして、気の流れを遮るようにすると良いそうです。

□まとめ

 

今回は、倉敷市、浅口市で新築をお考えの方に、風水から考えた良い配置をご紹介しました。

 

風水は、よりよく暮らすための知恵として考えられました。

ただ、風水にとらわれすぎるのも問題がありますので、どの程度気にされるのかお気軽にお問い合わせください。

 

当社では、お客様の理想の家づくりとともに笑顔や幸せを創っています。

もし、注文住宅について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

倉敷、浅口で新築住宅をお考えの方へ|ウッドデッキのメリット・デメリットをご紹介!

「ウッドデッキを作るかどうかで悩んでいる…」

「ウッドデッキには、どのようなメリット・デメリットがあるのだろうか…」

 

そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、外構を計画する上で、ウッドデッキを作るかどうかで悩む方はたくさんいらっしゃいます。

やはり、新築の際は、メリット・デメリットを知ったうえで、どれにするか決めたいものですよね。

 

そこで今回は、倉敷で注文住宅をお考えの方へ、ウッドデッキのメリット・デメリットについてご紹介します。

□ウッドデッキのメリットとは?

 

やはり、皆さんにとってメリットがないと、新築を建てる際にウッドデッキを作っても意味がないですよね。

 

では、ウッドデッキがある家では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

*リビングとの一体感

 

一般的にウッドデッキは、リビングの隣に配置されることが多くなっています。

リビングの近くにウッドデッキがあれば、リビングの掃き出し窓を開けて外のウッドデッキへスムーズに出られるようになります。

 

第2のリビングと呼ばれることも多いウッドデッキは、リビングと一体感を持って広く使える点において、大きなメリットと言えるでしょう。

また、リビングから見ても奥行きが出て、空間がより広く感じられます。

 

*洗濯物を干すのに便利

 

ウッドデッキは、洗濯物の干すスペースとして利用できるのもメリットになります。

特に、リビングからウッドデッキまでの移動がスムーズなため、1階に置いてある布団を楽に干せます。

新築住宅を建てる際には、洗濯機とウッドデッキの行き来のしやすさを考えてみると良いでしょう。

 

□ウッドデッキのデメリットとは?

 

ウッドデッキのメリットについてお分かりいただけたところで、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

*メンテナンスに手間と費用がかかってしまう

 

新築の際にウッドデッキを作るとするなら、もちろん設置費用がかかります。

また、その後も良い状態のウッドデッキを維持していくためには、日頃からの管理が必要になるのです。

 

*物置になってしまう可能性がある

 

やはり、上記で述べたように維持管理が大変で、ウッドデッキを使わなくなり、物置になってしまう可能性もあります。

新築でウッドデッキを作ろうと考えている方は、どのような目的で使うのかを明確にしておくことをおすすめします。

□まとめ

 

今回は、倉敷で注文住宅をお考えの方へ、ウッドデッキのメリット・デメリットについてご紹介しました。

 

ウッドデッキには、メリットもあればデメリットもあるということを、よく理解しておくことが大事になります。

 

当社では、創業より一貫して木造住宅の設計・施工に取り組んできました。

もし、新築でウッドデッキを取り入れようか悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度当社までご相談ください。

倉敷、浅口にお住まいの方必見|新築を建てる際に組むローンの頭金にはいくら必要?

「新築を建てる際のローンの頭金っていくら必要なのだろう…」

「頭金として使われる費用の相場について知りたい!」

 

そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

新築を建てる際には、資金計画が重要となりますよね。

その中でも、ローンの頭金にいくら必要になるかは、早めに知っておきたいものです。

 

そこで今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、新築を建てる際に組むローンの頭金について解説します。

□そもそも、頭金って必要?

 

皆さんの中にも、頭金0円でも新築を建てられると聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに、全額ローンで賄うことで頭金0円でも新築を建てることは可能ですが、その分後々のローン返済の負担が重くなってしまいます。

新築を購入する時に支払うお金を頭金といいますが、それが多ければ借入額を減らすことができ、逆に少なければ借入額が増額してしまいます。

 

やはり、新築を建てる際に組むローンには、ある程度の頭金を用意しておくことをおすすめします。

 

なぜなら、次のようなメリットがあるからです。

 

・月々のローンの返済額を軽減できる

・返済期間を短く設定できる

・借入利息を抑えられ、総支払額を減らせる

 

では、具体的にローンの頭金にはいくら必要なのでしょうか?

 

□新築の際に組むローンの頭金の相場とは?

 

新築の際に組むローンの頭金の相場は、「購入価格の1割~2割」が多くなっています。

 

もちろん、住宅の種類によって金額に差はありますが、新築の購入価格が4000万円の場合は、400万円から800円ほど用意しておくと良いでしょう。

 

基本的には、購入価格の1割から2割、資金に余裕があるならば多めに見積もると良いでしょう。

 

とはいっても、無理をして頭金を用意しようとすると、他の負担が大きくなってしまいます。

今では、住宅ローン減税やすまい給付金などの制度が充実してきているので、一度受けられる制度をチェックしてみてください。

□まとめ

 

今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、新築を建てる際に組むローンの頭金について解説しました。

 

新築を建てる際の資金計画のなかでも、ローンの頭金はとても重要なポイントとなります。

夢のマイホームを手に入れても、返済の負担が重いと良い暮らしはできません。

安心安全な資金計画を心掛けるようにしてくださいね。

 

当社では、「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」を開催しています。

もし、ご興味がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

倉敷市、浅口市にお住まいの方へ|新築での寝室のレイアウトを決めるコツとは?

「新築するなら、こだわりのある寝室にしたい!」

「寝室のレイアウトを決める際のポイントを知りたい!」

 

このような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

やはり、人生の中でも多くの時間を過ごす寝室は、こだわりのあるものにしたいと考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

 

実は、寝室づくりの際には、考えなければいけない要素がたくさんあります。

 

そこで今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、理想の寝室づくりのポイントをいくつかご紹介します。

□寝室の広さはどれくらい必要?

 

新築で寝室づくりを考える際に、どのくらいの広さが必要なのか悩みますよね。

寝室の広さを自由に変更できるのは、新築の時だけなので真剣に考える必要があります。

 

まず、何人用の寝室を作るのかが広さを決めるポイントとして重要になるでしょう。

しかし、忘れてはいけないのが、何をどのようにして置くのかということです。

 

例えば、夫婦2人用のベッドと言っても、ダブルベッドを置く場合とシングルベッドを2台置く場合では、必要な広さが大きく異なります。

 

また、以下のようなポイントも注意する必要があります。

 

・収納の扉を開けて、スムーズに中身を取り出す空間があるか

・出入り口の扉を開いたときに必要なスペース

・ベッドまでの距離、行動範囲の確認

 

寝室の広さを決める際には、どうしてもベッドの大きさばかりを気にしてしまいます。

しかし、寝室のレイアウトでは、ベッド周りの空間が重要なポイントとなるのです。

 

□新築するなら寝室の窓が重要なポイントになる?

 

寝室でこだわるポイントは、広さだけではありません。

実は、寝室の窓で失敗してしまう人もいるほど、寝室の窓は重要なポイントになります。

 

単に、太陽の光を浴びられると気持ちいいからという考えでは、早朝からまぶしすぎて寝ていられない、夏場は寝室が暑くなり、冷房が効きにくくなるということがあるので注意が必要です。

 

また、窓の位置も重要になりますが、窓自体の「断熱性」「遮光性」「防音性」も快適な寝室を作るうえでとても大切になります。

台風の際には、外の音がうるさくて眠れないということもあるので、シャッターを取り付けることも効果的です。

□まとめ

 

今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、理想の寝室づくりのポイントをいくつかご紹介しました。

 

新築する際の寝室のレイアウトには、想像以上に考えるポイントがあります。

また、寝室でこだわりたいポイントも人それぞれです。

 

当社では、完全自由設計の理想の家づくりを行っています。

倉敷、浅口で夢のマイホームを考えているという方は、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。

倉敷市、浅口市に在住の方へ|知らないと損!新築時の間取りの考え方についてご紹介します

「新築時の間取りをどのようにしようか悩んでいる…」

「間取りを考えるうえで知っておきたいポイントってある?」

 

そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

住宅を新築される際には、どのような間取りにしようかと頭を悩ませますよね。

本当に、この間取りでいいのかと不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、倉敷、浅口に在住の方へ、知らないと損する、新築時の間取りの考え方についてご紹介します。

□間取りを決める前に確認しておくこととは?

 

皆さんの中にも、いきなり間取りを決めてしまったという方がいらっしゃると思います。

 

しかし、間取りを決める前には次のようなことを確認しておくことをおすすめします。

 

*土地の形状や周りの環境

 

実は、土地の方角や前面道路の位置のような周囲の環境を確認することは、間取りを考えるうえで大事なポイントです。

例えば、玄関の位置が前面道路の反対側にあると、出入りの際に不便になるし、防犯面からも良いとは言えないでしょう。

 

その土地や周りの環境に合った間取りを考えてみてくださいね。

 

□間取りを決める際の重要なポイントとは?

 

新築時に間取りを決める際には、いくつかの重要なポイントがあります。

 

*採光・風の通り道を考える

 

家の中にいても気持ちの良い採光や風を得られるようにしたいですよね。

そのためには、先ほど述べたように土地の形状や周囲の環境を観察することが必要です。

また、間取りだけでなく、窓の配置にも工夫してみると良いでしょう。

 

*生活動線を意識する

 

生活動線を意識することは、間取りを決める際にとても重要になります。

まずは、普段の一日の動きや流れをイメージしてみて、紙に書いてみると良いでしょう。

特に、家事動線をスムーズにすると、日々の忙しい家事でのストレスの軽減にもつながります。

また、将来的に必要になる動線も考慮することで、より長く住みやすい家づくりを実現できます。

 

*家具や家電の配置を決める

 

家具や家電の配置は、多くの方が間取りを決めた後に考えがちですが、間取りを決める際に、大体の配置を決めておくと失敗する可能性を減らせます。

□まとめ

 

今回は、倉敷、浅口に在住の方へ、知らないと損する、新築時の間取りの考え方についてご紹介しました。

 

より良い家づくりを実現するためには、新築時の間取りは大きなカギとなる部分です。

間取りを決める際には、悩んでしまうことが多いと思いますが、慎重かつ楽しみながら行ってみてくださいね。

 

当社では、新築相談会を行っています。

もし、家を建てる際の悩みごとがありましたら、お気軽にご相談ください。