スタッフブログ

スタッフブログ

家づくり

ロフト

『ロフト』は元々、建物の最上階又、屋根裏にある部屋の事を言っていた様ですが、現在では天井を高くして中2階又、中3階を設けて、はしごなどで昇降できるようにした部屋を呼ぶ事が多い様です。


屋根裏は建物の全体に広がるのに対して、ロフトはその一部に設けた部屋空間を呼んでいる様です。下の部屋からは、吹き抜けになっており、昇降の為に壁の一部がない場合や、手すりを取り付ける場合があります。

住宅では、子ども部屋とか、フリースペースの上部空間を利用したケースが多い様です。
用途としては、ベッド代わり、めったに使われない物の収納、遊び場等々に利用されています。計画にあたって注意しなければならないのが、空気の自然対流によって冬はあたたかいのですが、夏は暑くなる点です。

建築基準法では、天井の高さが1.4mまでが床面積に含まれませんがそれを越えると、2階建てが3階建てに扱われます。そこで疑問なのが、登記法上は、1.5mまでが床面積に含まれない様です。この誤差の意味は??

屋根裏になるはずの空間を上手に利用して、明るく開放的な空間を造ることも楽しい事だと思います。

営業部 太田

パナソニックリビングショウルーム岡山へ★

先日、A様邸 新築工事に先駆けてお施主様と一緒にショールームへ行ってきました。
今回は、Panasonicのショールームです。

お風呂、キッチン、洗面化粧台だけでなく、外壁、玄関ドア、照明器具など
さまざまな建材が展示されています。

平日ということもあり、混雑しておらず時間もあったので、ショールームの方に案内していただき色々な商品をお施主様と一緒に見ました。話題の宅配ポストも説明していただきました。

今回驚いたのが、トイレです。
展示ではなく、利用できるトイレ
いつものように、「行ってきま~~~す」とトイレに行くと…

事務所にある普通のトイレ(失礼…)だった、ショールームのトイレがまるで、
どこかのホテルのような、ゴーーージャスなトイレ空間に生まれ変わっていました。

もちろん、便器や手洗い器はPanasonicの商品。実際に使えるので、安心して購入できますね。

こちらの洗面手洗いは、上下でタイルの色が違って見えませんか?
実はタイルは同じで、ライトの色が違います。

照らす明かりの色(電球色・昼白色)によってタイルの色が違って見えるということを実体験で分かるように、わざと照明の色を変えているのだそうです。

この後、男性用トイレ空間も見せていただきました。
こちらも、まぁ!素敵★

色々な商品を見ることができ、楽しい打合せでした。
A様、引き続きよろしくお願いいたします。

デザイン室 那須


玄関框(かまち)

写真は、K様邸の玄関框です。

 


桧の曲がった木材を使って加工しました。

これがけっこう大変です。
なぜなら、自然の木なので、死に節や乾燥に伴って割れが多くの木材にでる為、なかなか写真のような木が見つからないからです。(施主様のなかには、節や割れを自然のものなので、気にしない人もおられますが)

それでも、死に節や割れがあると、ストッキングなどが引っかかる可能性があるので、なるたけ節無しか生き節、割れのないものを探しています。

資材課の三宅でした。

真冬の上棟(冷たかった)

1月25日、H様邸の上棟をさせていただきました。


今年の冬は特別寒く、当日は午後から白い物もちらつきましたが、皆で声を掛け合いながら頑張りました。仕事仕舞いの時、お施主様から労いのお言葉もいただき、本当にありがとうございました。
H様奥様、お風邪は大丈夫でしょうか??
特に奥様には、色々とお気遣いをいただき感謝、感謝です。



ご近所の方が、何人も見に来て下さり、
「いい材料を使っていますね」
「内地材ですね(国産材のこと)」
「通し柱が9本ですか」
「材料が大きいですね」
「最近では聞く機会が減った、槌音(つちおと)がいいですね」
など声を掛けていただきました。私とすれば、当たり前と思っていた事で、声を掛けられた事は少々意外でした。大変残念ながら、本格木造住宅の上棟自体が減っているという事でしょうか。

今日も、白い物がちらついていますが、職人さん達はそれにも負けず頑張っています。上棟と違って、今日からは職人技を駆使する、細い作業も始まっております。 風邪を引かない様、皆で頑張ります。

営業部 太田一孝

祝!接骨院OPEN

営業担当させていただいた、ましお接骨院様が先月末オープンされました。
 

私も、オープン当日に行きましたがすでにお客様が来院されていました。
無事にオープン出来、嬉しいです。おめでとうございました。

お客様サポート課 後藤

詳細はこちら

M様邸 新築工事完成

 先月末、M様邸が完成しお引き渡しをしました。
こだわり満載のお洒落な住まいになりました(*^^*)
壁紙・カーテン・照明器具など奥様と一緒にカタログを開いては、「かわいいかわいい」の連続で楽しい打合せでした。組み合わせることによって、どんな空間になるか考えながら選んでいきました。



将来、お子様の部屋になる洋室です。勾配天井に板を貼り、開放的で木の香りで癒される空間です。




壁紙は特にこだわりました!!!最後の最後まで、どっちの柄にしよう…と迷われましたが、
シンプルでお洒落な空間に仕上がり、喜んでいただけました★

M様ありがとうございました。これからも末永~~~くよろしくお願いします!

デザイン室 那須

立柱式(りっちゅうしき)

昨日はS様邸の上棟予定でしたが、
雨のため安全を最優先して、
立柱式を執り行いました。

塩と御神酒で四方をお清めして、
柱を一本立て、御幣(ごへい)を取り付けました。
上棟は明日です。

昔からお祝いの日の雨は「降り込み」と言って、
「幸せが振り込む」縁起がいい雨です。
おめでとうございました~☆
お施主様との打ち合わせの後に頂いた、ご飯とお吸い物。
蓋を開けると・・・何と・・・
” お椀の中いっぱいの松茸”のお吸い物~!
こんなお吸い物、見たことない!
とても美味しくいただきました。
ご馳走さまでした~♪

デザイン室 真田

平屋の魅力♪

今月末、28日(土)29日(日)に平屋住宅の完成見学会を開催予定です。
只今、現場では完成へ向けて内装が進んでいます。食器棚の施工が完了したので確認してきました。

↑松の材種で作った食器棚。優しい色合いでした。取っ手がくぼんでいて、でっぱりがなくスッキリしています。床はまだ養生がしてあります。


 

↑畳がこれから入ります。
平屋は様々な観点から人気があります。

・2階建てに比べて掃除がラク
・老後の事を考えるとバリアフリーで安心
・家族間のコミュニケーションが取りやすい
・風通しが良い、メンテナンス性が高い

など、いくつか理由が挙げられます。実際に当社では『平屋』のお問い合わせを多く頂きます。
当日は平屋の魅力をご覧いただくことができます。
新築・リフォームをご計画中の方はぜひご来場下さい!!

↑外観一部です。

デザイン室 那須

桐(きり)

森本工務店では、押し入れ等の中段、枕棚に桐材を主に使っています。

桐は、国産では、一番軽く、防湿効果(吸湿性が良い)や、虫が嫌うタンニンを多く含んでいることで、防虫効果があり、日本の風土に適した材だと思います。

また、古くなるほど、防火性が強くなります。(金庫の内板に桐を張るのは、こういう理由からです。)

ただし、材質が柔らかいので、枕棚にパイプを取り付ける場合は、ビスが衣服の重みで抜けるのを防ぐため、パイン(松系)の積層材を使っています。


資材課の三宅でした。

お日柄も良く・・・

9月13日、
本日はお日柄も良く、
地鎮祭を執り行わせていただきました。
場所は新見市大佐です。
工事前、工事中、工事後の安泰と繁昌を神に祈願します。


↓鍬入れの儀(当社会長)


最後に神主さんから、
ありがたいお言葉をいただき、乾杯。


地鎮祭ではいつも、
穏やかな気持ちと同時に、
施工者としての心構えと責任とを
さらにひしひしと感じ、
見えない力を与えていただける気がします。

常務取締役 森永