スタッフブログ

スタッフブログ

現場

配慮された建具

こんにちは(*^-^*)
お客様サポート課 前田です。

雨が降るごとに段々と暖かい日が増えて来て、
春を感じられる陽気な時候になってきましたねヾ(*´∀`*)ノ
倉敷の千本桜「河津桜」は、今が見ごろのようです。

桜を横目に見ながら、
先日、完成した幼児舎の完了検査へ行ってきました。
子どもを持つ親として安心して預けられる場所は重要視ですよね?

建物内を見ていると・・・
なぜ、このトイレには鍵が2個あるのかな?と不思議に思っていましたが、
何か理由があってのものだと思い、監督さんに聞いてみました。

👆トイレの建具

上の表示錠は、通常使用する鍵
下の鍵は、子ども対策などの鍵として使用するそうです。



他の部屋の建具にも鍵が付いていることにも注目でした。
使用目的に応じて間仕切って使ったりも出来ます。
そして、子どもの指詰め防止のため、建具に隙間を設けています。

















サッシにも配慮がされています。

↑閉めている状態


↑一度開けて閉めた状態(※指詰め防止になっています)


子どもたちの安全対策は大切ですよね(o^―^o)ニコ

完了社内検査

先日、M様邸の完了社内検査へ行って来ました。

養生もとられ、完成した建物の外部、内部をじっくり見ることが出来ました。
監督、大工さんなど部署によってそれぞれ気になるポイントは違うようです。
普段は加工場での作業なので実際に現場を見させてもらうのは勉強になり、
また完成した建物を拝見するのは達成感もあり、励みになります。

資材課 磯田

テレビカウンター修復

こんにちは。
お客様サポート課 前田です。

先日、テレビカウンターの天板を修復させて頂きました!
阪神淡路大震災後に新築をさせて頂いたお宅です。

テレビを買い替えられるとのことで、数日後には届く予定が・・・

ハプニングが起きてしまった!!!
テレビが取れない事態が発生してしまいました。

それはというと・・・
地震対策グッズのあれこれが話題になった時期だったようです。

そんな中、強い地震での転倒防止対策をと思い、
テレビの台座裏へ耐震マットを取付されていたようですが、
そのマットが取れない事態が起きてしまいました(>_<)


経年により当初は厚みもあったものだと思いますが、ぺちゃんこになり
固着してしまい何とかテレビは外せれたのですが・・・
天板が・・・

どう修復するのが良いか?と色々と検討した結果


天板へメラミン板を貼るのが一番綺麗に仕上がるだろうということで施工させて頂きました。
お客様にも喜んで頂けて嬉しくなりました(*^▽^*)

小さな困りごとなど、これってどうかな?と思った時には、ご連絡下さい。

 

看板作りました!

こんにちは。
土木班の末吉です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、この度私たち土木班では、

ご覧のような ”基礎工事中です” の看板を設置しました!


今までの工事現場には、基礎工事中の看板など設置してなくて、
作業をしていても、どこの会社さんが工事をしているんだろうか???と、
わかりにくかったと思いますが、この度新しく看板を作りました。(^^)v

これからは、

「森本工務店が家を建てるんじゃな~!」

ってことが、みなさんにわかってもらえると思います。
どうぞ、私たちの現場をご覧になってください!!

⇩工事中の様子です。

祝・上棟

 1月吉日:新築住宅上棟  
 
お客様おめでとう御座います。

当日の安全と、お客様の幸せを祈念して、
四方のお清めと、身の清めをさせて頂き作業開始です。

棟梁にとっては、晴れ舞台でもあります。

当日は、新入社員の一人が、初めての参加で張り切っての開始です。













まずは、一階の柱建てから始まりました。

今回は、通し柱が9本あり見ごたえもあり、
組あがった段階で、非常にしっかりした状態になります。


 












 次は、一階の屋根梁・二階床梁の組み込みにうつります。

天然木材の大きさにお客様も驚いておられます。

組み込みが終了すると、寝起きと呼ばれる、
水平・垂直の調整をしたのち、二階床の下地貼りです。













続けて、二階を一階と同様な作業手順にて組上げていきます。













 最後は、屋根組の組上げになります。

今回は、ロフトのあるお宅でしたので、通常より複雑でしたが、無事完了。

当日は、荒野地と呼ばれる屋根板貼りまでが完了しました。

 朝には、材料だけだった状態から、一日で、住宅の形が出来上がり、
最後に、ブルーシートにて、雨養生をして本日の作業終了です。

おめでとうございます。棟梁の皆さんお疲れさまでした。   













営業部 太田

祝・上棟 (前日までの準備)

1月吉日に新築住宅の上棟前の準備工程。

当日の10日前に、基礎工事完了。 

給水・給湯・排水の床下配管完了。



          









     

4日前には、土台敷・先行床下地貼り完了。

構造材料搬入。20数年前までは、土台敷の状態で上棟を実施していましたが、
安全対策と、床の施工が、二重貼りに変わった事により、
先行下地貼りになり、当日の作業効率と安全性が数段アップしました。














          

直前日に、前記同様に安全対策上、先行足場組が、
今では、当たり前になりました。

 長く住宅業界に身を置いてきましたが、
時代背景にもより、当日の段取りも随分と変わってきました。

なによりも安全対策の充実が一番です。

      




いよいよ上棟当日。当日の安全と、お客様の幸せを祈念して、
四方のお清めと、身の清めをさせて頂き作業開始です。

清めをさせて頂き作業開始です。

棟梁にとっては、晴れ舞台でもあります。

営業部 太田

床下換気口

♬令和2年が始まりましたね~♬

みなさま、良い年末年始を過ごされましたでしょうか?

お客様サポート課 前田です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

OB訪問をさせて頂いていますが、色々な相談があります。
その一つをご紹介します。

床下換気口が古くなり、小動物が出入りしそうで心配・・・

そこで、金網を取付けることにしました。

施工前



施工後

これで一安心です。


他にもレンガ貼の外壁には、
同じレンガがないため、近い色合いのものを使って取付けました

そういえば、床下換気口・・・
気になっていたんだよね~って方がおられましたら、ご連絡頂けたらお伺いさせて頂きます。

水栓金具の取替をさせて頂きました♪

こんにちは。

お客様サポート課 前田です。

先日、水栓金具の取替をさせて頂きました。

取替えのきっかけは、ハンドル操作の間違いからでした。
 現状は、、、ハンドルを
 洗面台の水栓金具・・・下に下げると水が出て、上に上げると水が止まる(震災前)
 台所の水栓金具・・・上に上げると水が出て、下に下げると水が止まる(震災後)

最近の水栓金具は、ハンドルを上に上げると水が出て、下げると止まりますよね?
阪神淡路大震災前の水栓金具は、逆だったのです。
震災の時に、水が出っぱなし状態になってしまったため、下にすると水が止まるようになったようです。

取替前


取替後

これで、間違わずに快適に使えそうだと言って頂きました♪


ついでに、台所水栓金具も取替させて頂きました。
左右の動きが悪くなり、青錆びも気になってきたとのこと

取替前



取替後

水栓金具のみの取替は出来ますので、使っていて最近動きが悪いなぁとかハンドルが固くなってきた気がする?など不具合が生じてきた時には、取替時期かも知れませんので、お気軽にご連絡ください。

今年もあとわずかとなりました。
みなさま、良いお年をお迎えください。
そして、来年以降もどうぞよろしくお願いします。

外構工事 土間コンクリート編(駐車場) その3

こんにちは。
土木班の末吉です。
今年も残すところわずかとなりました。

今回は、「インターロッキング」での土間舗装について簡単に説明します。     
           
インターロッキング」とは・・・
 コンクリートブロックをお互いが
 かみ合うような形にし、
レンガ調に
 組み合わせた舗装方法のことです。


着工前

👆左の写真は着工前の状況です。
門扉の内側に砂利を敷いていますが、
少々デコボコになっています。

スキトリ、砕石敷

まず、施工部分をすきとり、砕石を敷き
十分に転圧します。
 👆ここが重要なポイント!!( ..)φメモメモ

空練りモルタル、施工

その上に、
空練りモルタル
※(セメントと砂を
混ぜ合わせたもの)
を敷き、インターロッキングブロック(厚さ6センチ)をハンマーでたたきながら敷いていきます。

目地砂

全体を敷き詰めたら、
目地砂
※(目の細かい砂のこと)
を振りまき、ほうきで掃きながら
ハンマーでたたき、ジョイント部分へ詰めていきます。
👆ここが重要なポイント!!( ..)φメモメモ
※(この作業をしないとブロック同士がかみ合わず、デコボコになってしまいます)

完成

今回は、同色で施工しましたが、色を変えたり、形も変えたりできるので、デザインは自由に出来ますよ♪

外構工事 土間コンクリート編 その2

こんにちは
土木班の末吉です。

今回は、「洗い出しコンクリート」についてです。

前回の土間コンクリートと同様にコンクリートを打ち込み木ゴテで均し、
金ゴテで押えていきます。

コンクリートの乾き具合を確認しながら水をかけ、表面のノロ(セメントペースト)を
流していきます。

水をかけ、わざとコンクリートの表面に石が見えるようにします。
(職人さんによると、この水をかけるタイミングが難しいそうです)
絶妙なタイミングなんですよ~( ..)φメモメモ

完成すると・・・⇩⇩⇩ 違いが分かりますか???

ご覧のように白く見えるのが普通のコンクリート(左側)
石を見せているのが、洗い出しコンクリート(右側:側溝側)です。