スタッフブログ

スタッフブログ

木について

倉敷市・浅口市に自然素材で注文住宅を作りたい方必見!特徴を詳しく説明します!

倉敷市・浅口市に自然素材で注文住宅を作りたい方必見!特徴を詳しく説明します!

住宅を建てるとき、自然素材を利用する方がいいと聞いたことはありませんか。

自然に優しいからという理由だけですすめられていると思っている方はいませんか。

実はそれ以外にもおすすめされている理由があるのです。

今回は、自然素材を利用する際の注意点も合わせて紹介します。



☐住宅に自然素材を利用する理由

これから住宅を建てる方におすすめしたいのが、自然素材を利用した住宅です。

あえてなぜ自然素材を選んだ方がいいのかを知りたいと思う方もいるでしょう。

自然素材の住宅は、有害な化学物質を使用していないため、人体に優しいという利点があります。

工業製品は建材を作るときに接着剤や着色料などの化学物質を使用しています。

そのため、人によってはシックハウス症候群や化学物質過敏症といった体調不良になってしまうこともあるといえるでしょう。

このような病気を聞いたことのない方もいらっしゃることでしょう。

一般的に、住宅の建材には施工が簡単でコストの安いビニールクロスや合板などが使われます。

このようなものに化学物質が含まれている場合があるため、体調不良を起こしてしまうのです。

しかし、自然素材はこういった物質を使用していないため、このような病気になる心配はありません。

今からこれらの病がどういったものなのか、ご説明します。



*シックハウス症候群

このような病名を聞いたことのある方は少ないのではないでしょうか。

建材や家具に使われている接着剤・塗料・防腐剤に含まれる化学物質や、カビやダニなどが原因で症状が引き起こります。

症状として、目や喉の痛みや違和感、全身のだるさや頭痛といった体調不良を引き起こします。

どのような住宅に住んでいる方が、この病気になりやすいかご存じですか。

工業製品に含まれるホルムアルデヒドといった化学物質は、揮発性が高いことで知られています。

そのため気密性の高い新築の家でこの症候群になる人がいます。


*化学物質過敏症

この病名を聞いたことのない方も多いのではないでしょうか。

非常に微量の薬物や主に揮発性有機化合物の化学物質の曝露であっても、健康被害が引き起こしてしまう疾病のことを指します。

一見シックハウス症候群とほぼ一緒だと感じた方もいらっしゃるでしょう。

実は、シックハウス症候群よりも幅広い症状を持つのが特徴とされています。

人によっては自律神経失調症や不眠、うつ、結膜炎といった重篤な問題を引き起こすこともあるようです。



☐利用する際の注意点

自然素材を使うことは利点ばかりではありません。

もちろん欠点もあります。

しかし、対策をしっかりと行うことで、予防できるでしょう。

また、自然素材を使った住宅はきちんと手入れをすることで、再生していきます。

そのため、長い間使えることが何よりの魅力だといえるでしょう。


*傷がつきやすく傷みやすい

自然素材をフローリングに使用した場合、樹種によっては傷がつきやすいという欠点があります。

特に、椅子の足などは傷をつけやすいため注意が必要でしょう。


*変形や変色する可能性がある

天然の材木は、乾燥することで変形変色することがあります。

そのため、無垢素材を使用する際は適度な含水率に潤すようにしましょう。

また、天然素材であるため日焼けなどによる色のばらつきも樹種によっては起こりやすいため注意が必要です。



☐地域の活性化につながる

自然素材を使うことは、私たちの身体的な面において、利点があることが分かっていただけたでしょう。

それ以外にも利点はあります。

自然素材を使うことは、地域の活性化につながるのです。

地産地消という言葉をご存じですか。

地産地消は、地域生産・地域消費の略語です。

その地域で作られていたものを、その地域で消費することです。

このような活動は、地域経済の活性化にもつながるといえるでしょう。

このような考え方は、木材にもあてはまるのです。

また雨が多い日本では、湿気に強い住宅を建てなければなりません。

国産材を利用して住宅を建てるということは、日本の気候に合った住宅を建てられるということです。

そのため、国産の木材を利用することは、日本の厳しい環境にも対応できるような、より強い家を建築できるということなのです。

利点はそれだけではありません。

日本の木を使って家を建てるようになれば、山にも手が入り、森はよみがえります。

緑が増えれば、温暖化の進行を防ぐことにもつながるでしょう。

また、その場に人が働く場所も生まれでしょう。

国産材を使って家を建てることは、森と人とが循環し、暮らしと環境を守ることにつながるのです。



☐まとめ

今回、住宅に自然素材を利用する際の利点と注意点をご紹介しました。

自然に優しいという理由以外にも、様々な利点があると分かっていただけたのではないでしょうか。

注意点にあわせた対策をすることで、欠点はそこまで気にならなくなるでしょう。

住宅を新しく建てる方は、自然素材を利用してみてはいかがでしょうか。

倉敷市・浅口市で注文住宅をお考えの方必見!木造の家が湿気に強い理由は?

倉敷市・浅口市で注文住宅をお考えの方必見!木造の家が湿気に強い理由は?


木造住宅は湿気に弱いという印象を持たれている方はいらっしゃいませんか。

もし、本当にそうなのであれば、どうして長年残っている木造建築物があるのでしょうか。

今回は、なぜ木造建築物が長年残っているのか、その理由をご説明します。

また、日本の環境に適した建築物の工法もご紹介します。



☐なぜ木造住宅は湿気に強いのか

木造住宅は湿気に弱いという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

その考えは誤解だといって良いでしょう。

もし、本当に湿気に弱かったのであれば、長年建っている木造建築物はなかったでしょう。

木造住宅が湿気の多い日本で古くから採用されてきたことには、しっかりと根拠に基づいた理由があります。

最初に、どのような条件が揃えば、木材が腐食してしまうのかご説明します。

その次に、木造建築物が湿気に強い理由をご説明します。


*木材が腐食する条件

木材が腐食するのには、ある条件を揃える必要があります。

腐食する条件として、気温が20~35℃程度で湿度が80%以上、木材の含水率が20%以上であることが挙げられます。

木材に含まれる水分が少なければ、気温や湿度が高くても腐ったり変形したりすることはありません。

そのため、伐採後に十分に乾燥した木材を使用することで、腐食や変形を防いでいます。

これらの条件が揃うことで、木材を腐食させる菌が繁殖しやすくなります。

反対に、条件のいずれかを揃わないようにすることで、腐食は防げるでしょう。

このような方法を取ることにより、木材が腐食する可能性を大幅に下げられるといえるでしょう。


*湿気に強い理由

木材がなぜ湿気に強いのかご存じですか。

もしかすると、知らない方もいらっしゃるかもしれません。

木造住宅には、調湿作用という、文字通り湿度を調整する作用があるからです。

調湿機能があるおかげで、湿度の高い夏には湿気をとり込み、乾燥した冬の時期にはため込んだ湿気をはきだせているのです。

また空気が乾燥すると蓄積した水分を放出し、逆に湿度が高くなると水分を溜めて空気中の湿度を適切に保ってくれるため快適性が増すといえるでしょう。

湿度の調節を自然にしてくれる木造住宅は、湿気に強い家だといえるでしょう。

また、天然の素材である木材には気孔という無数の小さな穴があいており、その穴が湿気を閉じ込めたり逃したりしてくれます。

室内の湿度が高くなると結露が発生する場合があります。

これは、カビの原因となってしまうでしょう。

しかし木造住宅の場合、うまく湿度を調節するという対策を講じた設計にすることにより、こういった問題があまり起こりません。

別の対策として、乾燥材を用い、住宅全体の換気計画を十分に行うという方法があります。

木材に含まれる水分が変形の目安とされるパーセンテージを超えることはありません。


☐日本に適した住宅とは何か

日本の環境に適した住宅は何か、考えたことはありますか。

どのような方法が日本に適した建て方なのか、またその建て方にする利点をご説明します。


*木造在来工法

木造在来工法とは何かご存じですか。

聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。

木造在来工法は、建築構造の木構造の構法のひとつです。

木造軸組工法は、別名在来工法とも呼ばれています。

どういう工法なのか、分からない方も多いですよね。

工法として、柱を立てて梁を水平に渡し、筋交いという斜めの材を入れて補強する、という具合に家を建てます。

このように柱や梁、筋交いなどを使って、まるで空間上の点を結ぶかのように空間を構成するのです。


*木造在来工法の利点

完璧に分かっていなくても、ある程度分かっていただけたのではないでしょうか。

なぜこの工法が、環境に適したものとして採用されているのでしょうか。

なぜなら、2つの利点があるからです。

今からその2つの利点をご説明します。

1つ目は、自由度が高いという点が挙げられます。

設計の面の自由度は、木造軸組工法が最も高いのではないでしょうか。

確かにラーメン構造と呼ばれるものは、構造体の内部は自由に壁などをたてられますが、寸法には制限があります。

間取りに強いこだわりがあるのであれば在来工法は有力な選択肢となるのではないでしょうか。

2つ目は、可変性が高いという点が挙げられます。

2×4(ツーバイフォー)工法では体力壁が存在し、構造体としてそれを抜けません。

在来工法でも筋交いを外せない部分も存在しますが、比較的可変性が高いといえます。

住宅は長い間使い続けるものですから、家族構成の変化などによって間取りを変えたり、増築したりすることも考えられます。

その際に規制が大きくない方が後々助かりますよね。



☐まとめ

なぜ木造住宅が湿気に強いのか分かっていただけたでしょう。

また、木材だけではなく、工法も関係していたことも分かっていただけたでしょう。

住宅を建てるときは、使用する表面仕上げ素材に目が行きがちです。

住宅の建築工法にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

倉敷市・浅口市で注文住宅をお考えの方必見!無垢材のメリットをご紹介します!

倉敷市・浅口市で注文住宅をお考えの方必見!無垢材のメリットをご紹介します!


無垢材を住宅に使うか検討されている方はいらっしゃいませんか。

また、無垢材(むくざい)のことはよく分からないが、何であるか知っておきたいという方もいらっしゃるかもしれません。

近年人気が高まってきているため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は無垢材の利点に焦点をおいて紹介します。



☐そもそも無垢材とは?

無垢材とは、どんな素材のことを指しているか、ご存じですか。

もしかしたら、知らない人もいらっしゃるかもしれません。

最初に無垢材についてご説明します。

無垢材は、合板や薄くした木板を、接着剤で張り合わせてブロック状にした集成材のようなものではありません。

使用する形状で丸太から切り出した木材のことを指します。

天然の材質なので、割れやひびなども入りやすいともいわれていますので、選別にはプロの眼が必要です。

集成材などの加工した木材にはない風合い温かみがあるのが人気の理由であるといえるでしょう。


☐無垢材の利点とは?

無垢材がどんなものであるか、理解していただけましたか。

無垢材を使うことで、どのような利点があるのか、まだわからないという方もいらっしゃるでしょう。
次に無垢材の利点を3つほど紹介します。

せっかくなら、理想に近い素材のものを使いたいですよね。

その利点に、自分の求めている要素が入っているのか、確かめてみてください。

また利点を知ったことにより、考えに変化が起こることもあるかもしれません。

*温かみのある木の質感

利点として最初に挙げられるのは、無垢材にしか出せない温かみのある木の質感があるという点です。

いわゆる、木材本来の味を感じられるということです。

天然木であることから、1枚1枚木目や色が全部違っています

また、丸太からの切り抜き方でも、木目が変わってくるのも特徴だといえるでしょう。

そのため、同じ木目の無垢材は存在しないのです。

丸太の切り抜き方を変えて、変化を見てみるのもおもしろそうですね。

その自然で調節されていない感じが、落ち着いた雰囲気を演出してくれると人気の理由なのでしょう。

唯一無二の住宅やフローリングの質感を味わいたいという方は、ぜひ無垢材を使うことをおすすめします。

*湿度を調整する

利点の2つ目として、湿度を調整できるという点が挙げられます。

天然の木は、伐採された後も呼吸を続けており、空気をたくさん含んでいるということを知っている方も多いのではないでしょうか。

また、天然木は熱伝導率が低く、熱さや寒さなどの急激な変化から守ってくれるという特性があります。

余分な水分を吸収することにより、湿気や乾燥をさりげなく防いでくれるのです。

湿気が多くなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散する、いわばエアコンのような働きをしているといえるでしょう。

調湿作用が優れている例として、奈良にある正倉院が挙げられます。

なぜかというと、木の持っている優れた調湿作用により、1300年近くの時を経た今でも、中の宝物を大切に守り続けているからです。



*ダニ、カビ、細菌類に強い

利点の3つ目として、ダニやカビなどといった細菌類に強いという点が挙げられます。

木の精油には、ダニ、カビ、細菌類の増殖を抑える効果があります。

たとえば、ヒバやヒノキに含まれているヒノキチオールという精油成分は、細菌類の増殖を抑制する効果が期待できるでしょう。

このように、いくつかの精油成分が抑制する効果を持っているため腐りにくいといえるでしょう。

これが、木の家が長持ちしている理由です。

また、アレルギーや喘息の原因となるダニの増殖も抑えられる木があることも確認されています。

先ほど木の持つ調湿作用が優れていることを紹介しました。

この調湿作用が優れていることにより、結露やカビも防止できるのです。

更に空気を綺麗に、より快適に保つことができるのです。


*経年変化を楽しめる

無垢材は、時間の経過とともに、色合いがだんだんと変化します。

時を重ねるごとに深い飴色になり、より木目がなじんで美しくなっていくのが無垢材の特徴だといえるでしょう。

種類によってその変化の仕方は様々で、次第に色が濃くなっていくもの、木目が際立ってくるものなどがあります。

施工したばかりの真新しい状態も、もちろん美しいです。

しかし、年月を重ねることに出る味わいある姿の方が、より魅力的であるといえるでしょう。

アンティークのような風合いが出てくるのは素敵ですよね。

この経年変化は、予想できるものではありません。

そのため、この変化を楽しみながら過ごせるのもいいですね。

年月を重ねるごとに経年変化を楽しめるのは、天然の無垢材ならではだといえるでしょう。

  ↑ 新築後18年経過した当社施工物件


☐まとめ

数多くの利点があると分かっていただけたのではないでしょうか。

無垢材には、他にも今回紹介できていない数多くの利点があります。

この利点をバランスよく使うことによって、良い住宅が建てられるのではないでしょうか。

これから住宅を建てようと考えている方は、ぜひ無垢材の使用を検討してみてください。

朴の木(ほうのき)のカッティングボード

ちょっとした、まな板として使用するだけでなく、
トレーやお皿がわりに使用できるものです。
(イメージは、検索して見て下さい。おしゃれな使い方がたくさん出ていました。) 

朴の木は、まな板としても、包丁に優しい木です。 

3月14(土)、15(日)に予約制の完成見学会を開催させていただく時の粗品として、
営業課の依頼で加工場で作りました。

厚い板木を加工して、取っ手部分をカット。
厚さを二つ割りして加工し、長さをカット

 

穴を開けて、面を取って完成です。


小物を加工するのには、加工場の機械ではけっこう手間がかかりましたが、
皆さまに使っていただきたく、見学会に来て頂き、ゲットして下さい。

 資材課   三宅

桧皮(ひわだ)

建物の屋根には、一般的に瓦、板金、スレート等が使われますが、
神社や寺院などには桧皮(桧の樹皮)を使った屋根があります。


少なくとも、70年以上成長した桧の立ち木から木の表面の皮を剥いて、
成型し、少しずつずらして、竹の釘でとめていきます。
雨漏りをしないように何層にも重ねて張っていきます。 

昔、神社の屋根の改装工事の見学会で、桧皮の釘打ち体験をさせてもらいました。
(竹釘ではありませんでしたが)
めったにない貴重な体験でした。


しかし、近年、桧皮の材料となる、径の大きな桧の木の減少や、
立ち木から皮を剥ぐ原皮師(もとかわし)と言う職人の高齢化で、減少しています。


桧皮葺の屋根の有名どころは、
出雲大社、厳島神社、清水寺、吉備津神社、吉備津彦神社、大山紙神社、住吉大社、北野天満宮などです。


皆さんも神社や寺院にお参りした際は、屋根にも注目して見て下さい。

 資材課   三宅

柊(ヒイラギ)

 

⇧柊(ひいらぎ)

2月3日は節分の日👹ですが、お正月に門松🎍や鏡餅を飾るように、
節分にも、柊を飾る(正確には焼いた鰯(いわし)の頭を柊の枝に刺して飾る)風習があります。

そして、鬼(邪気)が家の中に入ってこないよう魔除けの意味があり、柊のとげとげした葉が鬼の目を刺して焼いた鰯の頭は、鬼の嫌いなにおいと煙で近づけないとされています。

語源は、葉に当たると「ひりひりといたむ」という「ひひろく、ひいろぐ」から来ているそうです。
開花時期が、11月~12月で「木」へんに「冬」の柊という漢字が当てられたそうです。

材は、緻密で丈夫。
ソロバンの玉や櫛(くし)将棋の駒などの小物細工に使われるようです。

一般の建築材としての用途はあまりありませんが、垣根など庭木に使われる事もあります。

資材課 三宅

楠(クスノキ)

楠は、樹齢1000年以上の長寿で、巨木になるものが多く、
そのため神社、仏閣の御神木や天然記念物に指定されるものが多い木です。

 

クスノキの語源は、
クスシ(薬師)、クスリのキ(薬木)、臭し(くすし)木等から来ているそうです。


樟脳(しょうのう)という防虫効果の高い成分が多く含まれていて、家具や仏像の材料に使われます。


最近、初めて知ったのですが、
クスノキの葉脈の付け根に1㎜位のダニ部屋(ダニ袋)なるものがあり、
フシダニがいるということです。

防虫効果が多い木にダニがいる!! 衝撃的でした。(;゚Д゚))!


寄生か共生かはよくわかっていないようですが、
アオスジアゲハの幼虫も葉を好んで食べるそうです。

まだまだ、知らないことが多いなと思う今日このごろです。

資材課    三宅

敷居の加工

こんにちは(^^)/
加工場の磯田です。

今日はS様邸の敷居を加工しました。

敷居は戸や障子、ふすまなどが入る開口部の下に取り付ける材料です。
引き戸の場合は戸が滑るための溝をつきます。
  
戸の種類によって溝のしゃくりが違います。大抵はレールが入る溝をつきます。

和室など、障子やふすまが入る場合は、レールを入れないので、少し堅い松などを使用し、浅い溝をつきます。 
よく開けしめするところに、ひのきやすぎなどを使う場合は、溝に堅い木で埋め木をしてすりへるのを防ぎます。













 今回S様邸のシキイは、和室のシキイのやり替えで、地松を使用し溝をつきました。

ウッドデッキ

天然木材によるウッドデッキをご希望なされるお客様が多くなりました。
耐用年数の関係と経年劣化の為にアルミ製品。樹脂製品。疑木製品等選ばれるお客様もあります。
どちらを選ばれる場合でも、使用目的によって大きさ、
デッキ下の処理(草とゴミ)等、打合せと御理解をいただいた上での施工になります。

事例を紹介します。

事例1

 

 

リビングルームの延長空間としての目的で。
デッキ下は土間コンクリートにて、草、ゴミの掃除対策。

事例2.

物干場として、
土間コンクリートとアルミテラス+目隠しパネル

事例3.

 

屋根の軒の出を深くして
寝室の床とバリアフリーにて物干場とベンチ兼用にて、

事例4.





和風住宅の濡縁の拡長版として、
リビングルームよりバリアフリーにて。



素材としては、国内産桧の間伐材を使用する事が多いので、
材料費は手軽な価格で可能になります。

手入れについてよくご質問をいただきます。
定期的天然由来の油脂系塗料おすすめしていますが、
私個人的には木材の経年変化が好きなので、、、。

参考までに、
以下の写真が完成直後と、屋根無し、無手入れでの7年経過時です。














営業部 太田

技2

 

以前、桧の幅広天板をとるのに、2枚貼りあわせた物を紹介しましたが、
今回は3枚貼りあわせた物を紹介します。

2枚だと木目が2列になってしまいますが、写真のように、真ん中に木目の板、両端に柾目の板を使えば
1枚物の板に見えるようになります。

ただし、色合い、木目等が揃わなければ、見た目が悪くなります。


 ⇩⇩⇩ 今回は、けっこう上手くいったと思います。

オープン棚の一部に使用する予定なので、
全体の色合い、木目があまり違わないように木取り、加工をするのは、なかなか大変です。

 

資材課   三宅