スタッフブログ

スタッフブログ

木について

【倉敷市にお住まいの方へ】注文住宅におすすめの木材の種類とは?

新入社員 営業部米山です。

「自然素材や無垢材を使って、注文住宅を建てたい。しかし、どの木材が一番良いのか分からない。」

このような疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?

せっかく注文住宅を建てるなら、できるだけ良い素材を使って、快適なマイホームを作りたいですよね。しかし、なかにはどんな木材が優れているか分からない方も多いと思います。そこで、今回はそのような方に向けて、注文住宅で使われるおすすめの木材の種類をご紹介します。

 

 

□住宅に使われる木材の種類
様々な種類の木材が住宅に使われており、それぞれが固有の特徴を持っています。では、それぞれの木材がどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

 

*ヒノキ

◆T様邸再生工事 床にヒノキを使用

 ヒノキは、水に強く、木の膨張が少ないため、家の基礎や柱などの構造体によく使われます。他の木材と比べて、ヒノキは高価な木材であり、一般的な住宅から神社や寺などにも使用されます。また、菌や虫が発生することを防ぐ働きもあるため、古い時代から家の素材として使われていました。

さらに、木を切った後にも、強度が増すので、100年経過しても木材として使うことができると言われています。そのうえ、ヒノキ自体の香りも良く、和風な雰囲気を感じることができるでしょう。

 

*ヒバ

 ヒバも、湿度や水に強いため、ヒノキと同様、家の土台や柱などの構造体によく使われます。また、他の木材と比べて、価格が安く、抗菌性があるという特徴を持っています。この特徴が理由で、神社や寺などの重要な建築物に古くから使用されていました。高い抗菌性がゆえ、高級な料理店などで使われる木製のまな板としても重宝されています。

 

*スギ
T様邸 新築工事 床・天井にスギを使用

 スギは、変形しにくいですが、素材自体が柔らかいので、内装材・外装材でよく使用されます。また、一部のブランドを除き、市場に流通する量が多いため、ほとんどのスギは安価ですが、木材市場では「安いのはスギ、高いのもスギ」という格言があるように、高価な木材でもあります。

スギで日本酒を香り付けするほど、香りが特徴的なので、心地よい木の匂いを住宅でも楽しむことができます。

 

 

まとめ
今回は、注文住宅におすすめの木材の種類についてご紹介しました。それぞれの木材は特徴や価格も違うので、ぜひ、ご自身の要望に合った木材を使って、満足できる住宅を建ててみてはいかがでしょうか?当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。

もし、倉敷市にお住まいの方で、住宅にこだわりたい方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

営業部 米山

 

桜めぐり

先週、4月7日の日曜日、井原の桜まつりに行って来ました。

今年は時期がピッタリで、小田川の土手は、桜のトンネルで見応え十分でした。

 



1週間経って、先日13日の土曜日に、県北の新庄村の凱旋桜を見に行きました。

今まで、前を通ったことは何回かありましたが、止まって桜を見るのは初めてです。

朝早く家を出て、9時頃到着。

 

 


3分から5分咲きの桜でしたが、宿場町の面影が残る通りを家族で散策しました。

ちょっと肌寒かったけど、人が少なく十分堪能出来ました。(人が多くなる前。14日の山陽新聞一面には、人がごった返していた。)

建築材としての用途は、フローリング等ですが、本物の桜、サクラ類を本桜、真桜と呼びますが、桜の木目に似たマカンバ、ミズメなどカンバ類をカバザクラ、ミズメザクラ呼んで使っています。

資材課  三宅

こんにちは、資材課の三宅です。

私の仕事場の加工場では、自然の木を使って、出入口枠などを加工しています。当然、自然の木なので、枝の後(節)のある材料もあります。


それを、いかに見えなく(見えにくく)するのが腕の見せどころです。

1例を挙げますと、写真は、敷居(床と床の境にくる)に使う桧の材料に、死に節が1つあります。引き戸のレールがくる場所に、幅を調整して加工し、溝をつくと節が溝の中に。そこに、金属製のレールを入れると、節が見えなくなります。




必ずしもすべて、うまくいくとは限りませんが、少しでも出来映えが良くなるように頑張っています。

かけや

大工の川西さんが、I様邸で使用したチークの丸柱の切れ端でかけやを作って下さいました。

 

 


かけやは木づちの大きいもので、くいなどを打ち込んだり、建前の時にも使います。
かけや作りのポイントは、使う時くらくらしないよう、持ち手を差し込む穴をまん中にあけること、割れにくいよう木の目の向きをみて穴をあけ、差し込むことだそうです。
かけやの場合、打つ面は芯があるものを使った方が、欠けにくく強いそうです。

資材課 磯田

最近ではめずらしい木製玄関

当社の木材倉庫の中のモアビ(南洋桜)の角材を製材して、
木製玄関の方立て、カモイの材にとりました。
狂いが少なく、耐久性に優れ、虫の害にも強いため、
屋外に使用することも多い木です。
難点は堅くて重いため、当社の加工班が大変でした。
大工さん泣かせです。(取り付けをする大工さんも大変・・・。)
しかし、出来上がったらきれいです。

製材しても全くねじれがありませんでした。









実際に取り付けてみるとこんなふうです。
左側にペアガラス、右側に木製の引き戸が入ります。












木製の玄関は、時が経つにつれ家になじんできて、
次第に独自の味わいがでてきます。
このような木製玄関は、最近ではほとんど採用されなくなってしまったので、
久々に披露できる現場に携わることができてワクワクします。

常務取締役 森永

天然木材の家は本当に高額なのか?

何かを購入する時「高い」、「安い」と金額を比較します。

高いとか安いとかは数字で表現されるのですが、全く同じものならば購入先、購入の仕方等により、より金額の小さい物を選びたいと思います……

が、自然界で成長し、商品になる魚とか野菜とか、青果とかは決して金額だけで、購入品を決定されるとは限らないと思います。

全く同じものは存在しないのではないでしょうか。

天然木材も同じで、元々定価が存在しなくて需要と供給量とのバランスにより市場で金額が決定されます。

したがって、必要な時に購入するのと不必要な時に、又、規格外品、大量購入等することにより、
当然な事として、安価仕入れが可能になります。

天然木材の場合は、生鮮品と違い、倉庫で保存管理する事により乾燥状況もよくなり、強度・他、木材特有の質感がより高級感を増していくものが多いのです。

もちろん、その為には大きな倉庫と加工場が必要になってきます。

40年位前までは、住宅会社に倉庫と加工場は当たり前だったのですが、最近では工場生産の既製品を集めて取り付ける住宅が増えてしまい、大工さんの技術も…。

↓当社の木材倉庫の一部






↓当社の加工場の一部

更に、加工場を自社で持つことにより、規格外品も、カットされた半端材も、全て有効に活用でき、結果的には出来映えとの比較をすると、安価な住宅が完成する事になります。

天然木材の家は高いからと計画をあきらめていたと言われるお客様に、完成のご入居後にお尋ねすると「高かった」とのお返事が全くないのは、その辺りにあるのではないかと思っています。

ただし、ローコスト系住宅との金額比較は出来ない事が残念です。

営業部 太田

天然木材での家造り

・入った瞬間に非常に爽やかで、空気が違う様な気がする
・良い香りに癒される
・子供がフローリングにおしりをつけて座る様になった

等々、天然木材を使用して家造りをさせていただいたお客様の入居後の声、また、見学会等で初めて当社の作品をご覧いただいたお客様からいただく言葉です。

天然木材での家造りをお手伝いさせていただいて本当に良かったと思う瞬間です。

天然木材は、他の植物類と同様に傷から我が身を守るために「フィトンチッド」と呼ばれる防腐・殺菌効果の有る物質を発散しているそうです。



  

木材は、製材されてからも出し続けていて、その効果が上記の様なお客様からの声になる様です。

森林では、主に葉から発散されていて、それが森林浴での癒し効果を私たちに与えてくれる様です。

住宅の内装材としての天然木材は、表面の肌触りが非常にソフトで、湿気を吸ったり吐いたりを繰り返してくれて、室内の調湿効果も期待出来ます。

そこが、樹脂加工された工場製産建材との一番の違いかもしれません。

人間も動物の一種であることを思う時、生活空間である住宅も最大限自然に近い状態でありたいと私は考えています。

営業部 太田

サルスベリ(百日紅)

会社の駐車場の西側に、サルスベリの木が植えられています。

 

朝、掃除をするのですが、少し前位からピンク(紅)の花が咲き始めました。

樹皮が滑らかで、サルでも滑りそうな為、猿滑と表記することもあります。

実際の猿は、滑ることなく軽々と登ってしまうようです。

別名、百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれ、花が咲いている期間が長いのも特徴です。

建築材的には、木があまり大きくならないため、庭木か、銘木として床柱に使用する位です。


資材課の三宅

第三倉庫

森本工務店には、「第三倉庫」という名の木材ストック倉庫があります。

これらは適当に置かれているのではなく、一本一本ちゃんと場所が決められています。
まさに“適材適所“!!

中にはホコリをかぶっているものもありますが、長い年月をかけてゆっくりと乾燥させて、強い材料にしている最中ですヽ(‘ ∇‘ )ノ

↑これは木材の小口に乾燥によってこれ以上割れてしまうのを防ぐために木端で押さえています。

こうして、一本一本やさし~~く育てられた?木材たちは新しいおうちへ使われます。

↑こちらの住まいの梁丸太も“第三倉庫”で熟成させていた材料です。


出荷前に加工場で、大工さんが削って現場でおさめられます。
↓加工場


今では珍しくなった、“木材倉庫を持つ工務店”。
森本工務店の木材倉庫はまだまだ現役です。そもそもなぜ、木材倉庫を持つのか…
その秘密は、ぜひご見学してみてください。理由がわかりますよ~

デザイン室 那須

さわら

写真の板は、M様邸のTVカウンターに使うさわらの板です。

 


割れが入っていたので、1度割って張り合わせました。

 

 


貼った所が解らない位、きれいに貼れました。

皆さんは、さわらと聞くと魚のさわら(鰆)を思い浮かべると思いますが、木にもあります。

椹と書いてさわら。
ヒノキ(桧)科の木で、木目は桧ですが、桧のような香りや光沢はなく、木肌は杉に似ています。

資材課  三宅