スタッフブログ

スタッフブログ

木について

ウッドデッキ

天然木材によるウッドデッキをご希望なされるお客様が多くなりました。
耐用年数の関係と経年劣化の為にアルミ製品。樹脂製品。疑木製品等選ばれるお客様もあります。
どちらを選ばれる場合でも、使用目的によって大きさ、
デッキ下の処理(草とゴミ)等、打合せと御理解をいただいた上での施工になります。

事例を紹介します。

事例1

 

 

リビングルームの延長空間としての目的で。
デッキ下は土間コンクリートにて、草、ゴミの掃除対策。

事例2.

物干場として、
土間コンクリートとアルミテラス+目隠しパネル

事例3.

 

屋根の軒の出を深くして
寝室の床とバリアフリーにて物干場とベンチ兼用にて、

事例4.





和風住宅の濡縁の拡長版として、
リビングルームよりバリアフリーにて。



素材としては、国内産桧の間伐材を使用する事が多いので、
材料費は手軽な価格で可能になります。

手入れについてよくご質問をいただきます。
定期的天然由来の油脂系塗料おすすめしていますが、
私個人的には木材の経年変化が好きなので、、、。

参考までに、
以下の写真が完成直後と、屋根無し、無手入れでの7年経過時です。














営業部 太田

技2

 

以前、桧の幅広天板をとるのに、2枚貼りあわせた物を紹介しましたが、
今回は3枚貼りあわせた物を紹介します。

2枚だと木目が2列になってしまいますが、写真のように、真ん中に木目の板、両端に柾目の板を使えば
1枚物の板に見えるようになります。

ただし、色合い、木目等が揃わなければ、見た目が悪くなります。


 ⇩⇩⇩ 今回は、けっこう上手くいったと思います。

オープン棚の一部に使用する予定なので、
全体の色合い、木目があまり違わないように木取り、加工をするのは、なかなか大変です。

 

資材課   三宅

欅(ケヤキ)

 

写真は、S様邸の床前板に使用する欅の板です。

 

ケヤキの名は、[けやけきの木]が由来だそうで、[けやけき]には、「目立つ、ひときわすぐれている。」という意味があるそうです。

 

日本を代表する広葉樹のうちのひとつで、材としては、強く、木目もきれいです。

 

 

寺社、城等にも使われ、京都の清水寺の舞台の柱もケヤキ(78)が使われています。(舞台は檜(ヒノキ材))

 

 

資材課   三宅

倉敷市の新築をお考えの方へ!木の家の水回りに関する設備の選び方!

営業部 新人米山です

 

「新築で木の家を建てたいが、どのような設備を選べば良いか分からない」

「木の家を長持ちさせるためにはどのような水回りの設備が良いか教えてほしい」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

木の家は、コンクリート製や金属製の家と比べ、健康的かつ安全で、湿度調節機能が付いているといった特徴があります。

ですが、木の家を長持ちさせられるか不安を持たれることも多いです。

そのような方々に向けて、今回は木の家を長持ちさせる水回りの設備の選び方についてご紹介します。

 

□木材を腐らせない

 

木材は板材になっても呼吸をしており、つねに水分や湿気を吸ったり吐いたりしています。

木材が水分を吸い、水分を吐けなくなった場合に、木材腐敗菌が繁殖して、木が腐ってしまいます。

ここからは木を腐らせないための注意点をご紹介します。

 

*風通しをよくする

 

エアコンなどに頼りっぱなしではなく、風通しの良い構造にすることで、菌の繁殖を抑えられます。

 

*木に湿気をため込まない

 

木は木口部分(木材を横切りした断面)から湿気を吸収しています。

そのため、水が直接かかる場所に木口が出ていることのないようにしましょう。

また、木の呼吸を妨げる過度なコーティングもやめましょう。

 

*撥水塗装

 

常に水にぬれやすい場所はウレタン塗料やガラス塗料など、水をはじく塗料で塗装しましょう。

ただし、コーティング系の塗料は剥がれてしまう場合があるため注意と定期的なメンテナンスが必要です。

 

□設備の選び方

 

キッチンやトイレ、浴室など、デザインにこだわりたい方は多いでしょう。

ですが、こだわりすぎてメンテナンスしにくい構造にしてしまったら長持ちさせることはできません。

長く暮らしていきたいなら、メンテナンスがしやすく、木材にダメージを与えない設備を選びましょう。

 

□まとめ

 

今回は木の家を長持ちさせる水回りの設備の選び方についてお伝えしました。

水回りの設備は、デザインにこだわるのと同時に素材にもこだわり、メンテナンスがしやすく、木材にやさしい設備を選ぶことで、木の家を長持ちさせられます。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。


 

倉敷市在住の方必見!木の家の耐久性は大丈夫?

営業部 新人米山です


「新築で木の家を建てたいが、耐久性があるかどうか不安」

「木の家の耐久性を良くする方法を教えてほしい」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

木の家は、コンクリート製や金属製の家と比べ、健康面において安全で、湿度調節機能が付いているといった特徴があります。

ですが、地震や火事の際の耐久性について不安を持たれることも多いです。

そのような方々に向けて、今回は木の家の耐久性についてご紹介します。

 

□実は木の家は丈夫!

 

金属やコンクリートと比べて弱いと思われがちの木材ですが、同じ重さの木をコンクリートや鉄と比較した場合、引張強度は鉄の4倍、圧縮強度はコンクリートの6倍です。

地震のエネルギーは物体の重さに比例して大きくなるため、木の家に伝わる地震エネルギーは他の素材の家と比べて小さくなります。

また、耐火性に関しても、木材は表面が燃えて炭化することで中心が燃えるのを防いでくれるため、柱が倒壊するまでにはかなりの時間がかかります。

鉄は燃えませんが、高温によって変形してしまうため、早く倒壊してしまう可能性があります。

 

□耐久性を高める方法

 

*良い素材を使う

適材適所に木材を使えば、安価で家を建てられます。

木材は反ったり、ひび割れたり、やせてしまったりして耐震性能や断熱性能が下がってしまう特徴を持っているので、素材選びは非常に大切です。

そのため、選別能力を持った業者選びが大事です。

年月が経っても丈夫さを維持するため、良い木材を使って家を建てるようにしましょう。

 

*湿潤状態にしない

 

木材は湿気を帯び続けると、腐ったり反ったりしてしまいます。

また、湿った木材は白アリの餌食になりやすくなってしまいます。

いったん乾燥させた木材は多少の濡れ、水分吸収しても直ぐに乾燥するので、工事中の雨等は特に気にしなくても問題ありません。

住み始めてからは湿気を抑えるようにしましょう。

 

□まとめ

 

今回は木の家の耐久性についてお伝えしました。

弱いと思われがちの木の家ですが、実際は耐震性も耐火性も優れているということがお分かりいただけたかと思います。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。


 

倉敷市で木の家に住みたい方へ!おしゃれな色の組み合わせとは?

営業部 新人米山です

倉敷市で木の家に住みたい方へ!おしゃれな色の組み合わせとは?

「新築で木の家を建てたいが、おしゃれな内装にできるか不安」

「木の家に合う色について教えてほしい」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

木の家は、コンクリート製や金属製の家と比べ、健康面において安全で、湿度調節機能が付いているといったメリットがあります。

ですが、木の色を生かした内装を作れるか不安に感じることも多いです。

そのような方々に向けて、今回は木の家に合う色の組み合わせについてご紹介します。

 

□明るい色(ライトブラウン)の床との組み合わせ

 

*明るい色(ライトブラウン)のドアや家具

 

明るい色に明るい色を組み合わせることで、ナチュラル感や開放感が出せます。

また、少し濃い茶色にすることで暖かみのある空間を作れます。

 

*中間色(ミディアムブラウン)のドアや家具

 

全体的に明るく軽やかな雰囲気を感じさせるとともに、ドアや家具などを目立たせられます。

 

□中間色の床との組み合わせ

 

*中間色のドアや家具

 

ドアや家具が同じ色なので、統一感が出せます。

異なる質感のドアと組み合わせることで、アクセントを付けられます。

 

*暗い色(ダークブラウン)のドアや家具

 

大きな暗い色のドアを取り付けることで、ホテルのような高級感を抱かせられます。

暗い色のドアがあると格好良い雰囲気になると思うかもしれませんが、テーブルや椅子などの家具を少し明るくすると、暖かみを感じさせられます。

 

□暗い色の床との組み合わせ

 

*明るい色のドアや家具

 

基本的に圧迫感を生んでしまう暗い色の床ですが、家具やドアを明るい色にすることで部屋を広々と見せられます。

 

*暗い色のドアや家具

 

全体を暗い色で統一することで高級感や重厚感を抱かせられます。

部屋全体が狭く感じてしまうので、家具の取り付け方やレイアウトには注意が必要です。

   実例↓↓↓

□まとめ

 

今回は木の家に合う色の組み合わせについてお伝えしました。

床や家具などの色の組み合わせを変えることで、様々な印象を与えられることがお分かりいただけたかと思います。

当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。

倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。


 

倉敷市で新築に住みたい方必見!木の家のワックスについて解説

営業部 新人米山です

「新築で木の家を建てたいので、木の家のワックスがけについて教えてほしい」

新築をお考えの方の中には、このような考えをお持ちの方も多いかと思います。

木の家は、コンクリート製や金属製の家と比べ、健康面において安全で、調湿効果が高く快適な生活ができるという特徴があります。

ですが、木の家を長持ちさせられるか不安を持たれることも多いです。

そのような方々に向けて、今回は木の家のワックスについてご紹介します。

 

□ワックス塗装とは

 

木の家を長持ちさせるには、木材を濡らしたままにしないことがとても重要になります。

木材の仕上げには、ウレタン塗装などのコーディング系塗料とオイルやワックスなどの浸透性塗料が用いられます。

ワックス塗料は、ウレタン塗料のように木材の表面に硬い膜を作るわけではないため、木の質感を楽しめます。

また、オイル塗料のように浸透するわけではなく、木の表面にとどまって汚れを防ぐため、木が濡れ色にならず、無塗装に近い仕上がりになります。

メンテナンスの頻度は一年に一回ほどが目安です。

ワックスを塗装する前は、汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

また、塗装仕上げをしないで、自然のままの風合いを楽しむのもおすすめです。

無塗装フローリング




 塗装フローリング


□様々なワックス

 *蜜蝋ワックス
固形でとても塗りやすいワックスです。

撥水性がとても高く、扱いやすいためとてもおすすめです。

また、塗ってから乾燥するまでの時間がとても短いため、メンテナンスも容易です。

 

*油性オイルワックス
液体のとても塗りやすいワックスです。完全硬化までに数日かかりますが、撥水性やシミのできにくさを考えると、とてもおすすめのワックスです。

 

*水性オイルワックス
クリーム状のワックスです。シミがほとんどできないという利点はありますが、塗りにくく、価格が高いという欠点があります。

 

*樹脂ハードワックス

固形で塗りやすいワックスです。性能は良いですが、完全硬化に4週間ほどかかってしまいます。

 

□まとめ

今回は木の家のワックスについてお伝えしました。

ワックスなどの塗装を施すことで、耐水性を向上させ、木の家を長持ちさせられます。

 当社は、お客様に最高の価値と感動をお届けするために、「お客様第一」を全スタッフで共有し、本物の家づくりを行っております。

木造建築のプロとして、自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で木材の加工をしております。

50年以上の間、新築工事だけでなく、リフォーム、公共工事、神社仏閣の改修工事など、地域のお抱え大工さんとして数々のお客様とお付き合いをさせていただき、3000件を超える実績があります。
倉敷市にお住まいの方で、新築やリフォームをご検討されている方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

 

【倉敷市にお住まいの方へ】注文住宅におすすめの木材の種類とは?

営業部 新人の米山です。

「自然素材や無垢材を使って、注文住宅を建てたい。しかし、どの木材が一番良いのか分からない。」

このような疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?

せっかく注文住宅を建てるなら、できるだけ良い素材を使って、快適なマイホームを作りたいですよね。しかし、なかにはどんな木材が優れているか分からない方も多いと思います。そこで、今回はそのような方に向けて、注文住宅で使われるおすすめの木材の種類をご紹介します。

 

 

□住宅に使われる木材の種類
様々な種類の木材が住宅に使われており、それぞれが固有の特徴を持っています。では、それぞれの木材がどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

 

*ヒノキ

◆T様邸再生工事 床にヒノキを使用

 ヒノキは、水に強く、木の膨張が少ないため、家の基礎や柱などの構造体によく使われます。他の木材と比べて、ヒノキは高価な木材であり、一般的な住宅から神社や寺などにも使用されます。また、菌や虫が発生することを防ぐ働きもあるため、古い時代から家の素材として使われていました。

さらに、木を切った後にも、強度が増すので、100年経過しても木材として使うことができると言われています。そのうえ、ヒノキ自体の香りも良く、和風な雰囲気を感じることができるでしょう。

 

*ヒバ

 ヒバも、湿度や水に強いため、ヒノキと同様、家の土台や柱などの構造体によく使われます。また、他の木材と比べて、価格が安く、抗菌性があるという特徴を持っています。この特徴が理由で、神社や寺などの重要な建築物に古くから使用されていました。高い抗菌性がゆえ、高級な料理店などで使われる木製のまな板としても重宝されています。

 

*スギ
T様邸 新築工事 床・天井にスギを使用

 スギは、変形しにくいですが、素材自体が柔らかいので、内装材・外装材でよく使用されます。また、一部のブランドを除き、市場に流通する量が多いため、ほとんどのスギは安価ですが、木材市場では「安いのはスギ、高いのもスギ」という格言があるように、高価な木材でもあります。

スギで日本酒を香り付けするほど、香りが特徴的なので、心地よい木の匂いを住宅でも楽しむことができます。

 

 

まとめ
今回は、注文住宅におすすめの木材の種類についてご紹介しました。それぞれの木材は特徴や価格も違うので、ぜひ、ご自身の要望に合った木材を使って、満足できる住宅を建ててみてはいかがでしょうか?当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。

もし、倉敷市にお住まいの方で、住宅にこだわりたい方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

営業部 米山

 

桜めぐり

先週、4月7日の日曜日、井原の桜まつりに行って来ました。

今年は時期がピッタリで、小田川の土手は、桜のトンネルで見応え十分でした。

 



1週間経って、先日13日の土曜日に、県北の新庄村の凱旋桜を見に行きました。

今まで、前を通ったことは何回かありましたが、止まって桜を見るのは初めてです。

朝早く家を出て、9時頃到着。

 

 


3分から5分咲きの桜でしたが、宿場町の面影が残る通りを家族で散策しました。

ちょっと肌寒かったけど、人が少なく十分堪能出来ました。(人が多くなる前。14日の山陽新聞一面には、人がごった返していた。)

建築材としての用途は、フローリング等ですが、本物の桜、サクラ類を本桜、真桜と呼びますが、桜の木目に似たマカンバ、ミズメなどカンバ類をカバザクラ、ミズメザクラ呼んで使っています。

資材課  三宅

こんにちは、資材課の三宅です。

私の仕事場の加工場では、自然の木を使って、出入口枠などを加工しています。当然、自然の木なので、枝の後(節)のある材料もあります。


それを、いかに見えなく(見えにくく)するのが腕の見せどころです。

1例を挙げますと、写真は、敷居(床と床の境にくる)に使う桧の材料に、死に節が1つあります。引き戸のレールがくる場所に、幅を調整して加工し、溝をつくと節が溝の中に。そこに、金属製のレールを入れると、節が見えなくなります。




必ずしもすべて、うまくいくとは限りませんが、少しでも出来映えが良くなるように頑張っています。